雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

石井桃子集 6 児童文学の旅」 みんなの声

石井桃子集 6 児童文学の旅 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,900+税
発行日:1999年
ISBN:9784000922067
評価スコア 4
評価ランキング 22,888
みんなの声 総数 1
「石井桃子集 6 児童文学の旅」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもの絵本に関わる人たちに

    石井桃子さんのことが知りたくて読んでいます。

    主に海外へ行ったことが書かれているのですが、出てくる人物が、渡辺茂男さん、八島太郎さん、ファージョンなど、すごいです。

    読むたびにエピソードの一つ一つにワクワクしてしまいました。

    の苦労などもさりげなく書かれていて、特にポターの訳は文化背景やイギリスの伝承文化も知らないと難しかったのだなあと思いました。

    石井さんの著書を読んでいるといつも思いますが、児童文学に向ける真摯なまなざしと情熱が感じられます。

    「あなたは、あのとき、ある本にクリエイティブなものがあるとき、その本はほんとうの『本』になるのだとおっしゃいましたね。

    そして創造性と真実をもった本を識別し、それを次の第二手渡すのが図書館の役目だって。」とスミスさんに言った言葉に

    石井さんが「私は、いまもそれを信じているんです。」と言い、スミスさんが「モモコ、信じること、それがだいじなんだよ」と言われたところが特に心に残りました。

    この本も子どもの本に関わるすべての方に読んでいただきたい本です。

    掲載日:2009/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット