こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日! こいのぼりぐんぐんこどもの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
これ1冊で、「こどもの日」のことがまる分かり!
なーお00さん 30代・その他の方

ストーリー仕立てで分かりやすいです
しっかりとしたストーリー仕立てになって…

「きつねとかわうそ」 みんなの声

きつねとかわうそ 出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「きつねとかわうそ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み比べて

    昔話です。いもとようこが絵と文を書いています。かわうそから魚のとり方を聞いたきつね。寒い川の中にしっぽをつけて待ちます。息子が「しっぽが切れちゃうんだよね」と言いました。このお話では、しっぽは氷ごととれました。

    息子の記憶の元になったのは、「子どもとお母さんのためのお話 日本のお話」(文・西村鶏介 絵・いもとようこ 講談社)です。こちらの本では「しっぽのつり」という似たお話でした。良い機会だったので、こちらの方ももう一度読んでみました。

    「しっぽのつり」では、きつねに魚を食べられたしまったかわうそが、きつねをやっつけたいと川で魚をとる方法を教えます。
    「きつねとかわうそ」では、かわうそには邪心がありません。息子は両方を見比べながら
    「こっちの本は、かわうそがやっつけようとしてないね」と言っていました。どちらも同じいもとようこの絵なのですが、絵の感じは違います。

    息子は似た話だけど、少し違うお話だと受け止めているようでした。ずる賢いきつねに天罰が当たるというお話。欲張ってはいけないことをさりげなく、おもしろく伝えてくれるお話だと思います。他にも別バージョンがあるようなので、読み比べてみたいと思います。

    季節的には冬のお話なので、今読み聞かせするとちょうどいいと思います。

    掲載日:2008/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット