大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ごんぎつね」 みんなの声

ごんぎつね 作:新美 南吉
絵:遠藤 てるよ
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:初版 2005年2月
ISBN:9784477018393
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 遠藤てるよさんの絵

    お馴染みの新美南吉の名作の「ごんぎつね」です。ごんぎつねは、絵が違うとちょつと違う印象を受けて読み比べるのもいいなあって思いました。遠藤てるよさんの絵は、はじめて読みました。ごんが、ちょっと悪戯っぱくお茶目に描かれていて可愛いと思いました。でも、切なくて悲しい気持ちはひしひしと伝わってきて、余計に可愛そうに思いました。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み比べも面白い!

    新美南吉さんの「ごんぎつね」,親の私が子供の頃の小学校の教科書にも載っていました。
    悲しく切なくとても感動した記憶があります。
    そんな意味からも我が子にも読んであげたいお話です。
    たくさんの方がイラストを描かれた絵本があるので,読み比べてみるのも面白いです。雰囲気や味わいがそれぞれですので。
    こちらの「ごんぎつね」もよかったです。
    どの「ごんぎつね」を選ぶかはイラストの好みで決めるのも1つの方法ですね。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に染みる切ない話です。

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪7歳

    姪っ子が心に染みる話を読みたいと図書館の司書さんに言って勧めてもらったのがこの絵本です。字数が多いのでまだ一人で読むには難しいですが、私が2日かけて読んであげたら、どうしてごんぎつねは死んでしまったの? と聞いてきました。
    子供のごんぎつねは、最初無邪気ないたずらをします。子供なら誰でもやりそうなものです。そして悪いことをしたと思って栗とかまつたけを運んでいるのに、撃たれてしまうなんて……とっても悲しくて、切ない話です。姪っ子がもう少し大きくなったら絵本買ってあげてもいいなと思いました。

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット