だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

のら犬」 みんなの声

のら犬 作:新美 南吉
絵:鶴田陽子
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:初版 2005年2月
ISBN:9784477018409
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,854
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ふしぎな野良犬

    このお話は、お坊さんの帰り道についてくる野良犬のお話でした。お坊さんはこの野良犬を化け狐だと思ったり、厄介な野良犬だと思ったりといろいろ思いを巡らせ結局自分の寺で寝させてあげることにしました。そういった経緯になるまでのお坊さんの心の動きが面白かったです。

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新美作品は深いです

    あら、素敵な版画・・・
    えっ!?
    新美南吉氏の作品?
    知りませんでした

    主人公はお坊さんで
    のら犬だし
    ちょっと地味かな

    思慮深いお子さんには
    読み聞かせてみたいです
    大人にも読んでいただきたい深い作品のように
    思います

    一般的に
    お坊さん=人格者・知恵者
    というイメージあります
    昔話と思うとなおさら
    時には、ユニークなたぬきと踊る和尚さんとか
    とんちの出来る和尚さんとかいらっしゃいますが

    でも、常念坊さんは、ちょっと違うように感じてきます

    人間の弱さが
    だんだん出てくるのです

    お坊さんだからーという固定観念が
    そうさせるのかな?

    犬ー誰かの犬、きつね、野良犬
    と、相手が弱者なのに
    自分の捉え方に変化が出るのは
    自分の気持ちの投影なのではないのかな?

    碁相手の檀家の方
    道端で遊んでいるこども3人
    茶店のおばあさん
    そして、小僧の正観さん

    それぞれとのやり取りも
    何か意味しているのでしょうか

    名前も気になりました
    小僧さんは、「正しく 観る」です
    小僧さんのお陰で
    和尚さんは
    最後には最良の対処の仕方に気づいたようです

    情が大切
    弱者を助けよ・・・と教えを説くような和尚さんが
    犬を追っ払っては・・・
    それもやせているのに・・・
    お腹が空いていたら
    拾っただんごを食べれば
    犬はそれでもよかったわけです
    でも、犬は、きちんと下に置いてお座りしていたのですもの
    道中、守ってくれていたのかもしれませんし

    年齢を重ねても
    自分の都合で物を捉えることなく
    「正観」して日々生きていくことの
    大切さを教えてくれたのかな

    絵本を閉じると
    ちょうちんの灯りと和尚さんの姿
    犬が、お寺の犬になっているといいです

    掲載日:2014/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 常念の邪念と小心

    見方によってはいろいろな捉え方ができる絵本かも知れません。

    碁の好きな常念御坊は、隣村で檀家相手にうった碁の負け方が気になってしょうがありません。
    帰り道碁のことばかり考えながら歩いて行くと、きつねに似たのら犬がついて来る。
    やせてあまり食べていないような薄汚れた犬が気になってしょうがない。
    どうして薄気味悪いと思ったのでしょう。
    帰り道は遠く、夜も更けてきました。
    茶屋でだんごを買って、借りた提灯。
    寂しい道で、後ろからついて来るのがのら犬ではなく、きつねに思えてくる。
    しかも、女に化けたりして。
    寺にたどりついた常念御坊は、ついてきたのら犬を小僧に追い払わせるのですが、食事をして人心地つくと、のら犬にした仕打ちが申し訳なく思えてくるのです。

    のら犬はいったい何だったのだろう。
    常念御坊はどうしてのら犬をおそれ邪けんにあしらったのだろう。
    考え方はいろいろでしょうが、とても意味深い本です。
    鶴田さんの木版画が、どうしてものら犬を悪者にしてしまうように描いているのですが、のら犬はお礼を言われる故はあっても、何も悪いことをしていないのですよ。

    読み返すごとに味わいのある絵本です。

    掲載日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • のら犬

    常念御坊が法事から帰る途中、
    野良犬があとからついてくるのに気付きました。
    もしかして野良犬ではなくて狐なのでは?と
    思い始めた常念御坊は気味が悪くなってきます。

    常念御坊が正観を大事にしているのは、
    単に正観が寂しがりやだからというわけではなくて、
    一緒にいると疑いのない素直な気持ちを
    呼び起こしてくれるからなのかな、と思いました。

    新美南吉さんの作品は「ごんぎつね」や
    「手ぶくろを買いに」を知っていましたが、
    この「のら犬」は私も図書館で初めて知り読みました。

    娘には他の作品も沢山読んであげたいと思いました。

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット