庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

まりーちゃんとひつじ」 みんなの声

まりーちゃんとひつじ 作・絵:フランソワーズ
訳:与田 凖一
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:1956年12月1日
ISBN:9784001151145
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,476
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

53件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 訳が何だか詩的な感じ?

    • もももももさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    図書館で、表紙がかわいらしかったので、つい借りてしまいました。

    昔の絵本なんですね〜道理で、訳がちょっとかたい感じで、でも詩的な感じでした。

    ひつじの名前が「ぱたぽん」って言うのが、何ともかわいいです!
    絵も、「こんな布があったら欲しい〜!」って感じの優しい色使いでとっても私好みでした!

    4歳の息子も、メリーゴーラウンドとか出て来るので、楽しそうに聞いてくれました。

    掲載日:2009/11/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • までろーん!

    • 花明りさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子1歳

    「まりーちゃんとひつじ」「まりーちゃんのはる」二つのお話が収録されています。
    娘が気に入ったのは「まりーちゃんのはる」の方でした。
    あひるのまでろんがいなくなり、まりーちゃんは一生懸命探します。
    娘も一生懸命「までろーん!!」と叫んでいました。
    見つかったときは「よかったね」と安心していました。
    南欧の野原、川など田園風景が、素朴でかわいらしく描かれていて、絵を見るだけでわくわくしてきます。

    掲載日:2007/10/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいい絵本

    女の子が泣いている絵の表紙を開くと、いきなりまりーちゃんとひつじのぱたぽんの会話が始まります。その内容が全く噛み合ってなくて笑えます。
    ぱたぽんに沢山子羊を産んでもらい、その毛を売って色々な物を買いたいまりーちゃん。可愛い顔に似合わず、意外と物欲に溢れています。
    そんな物は何もいらないというぱたぽんは、結局子羊を一匹しか産みませんでしたが、まりーちゃんの優しさがそこで現れて微笑ましいです。
    全部ひらがなで、所々太字になっていたりするので、自分で読む為の絵本なのかもしれませんが、文章がテンポの良い詩のようなので、読んであげるのにも向いていると思います。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 黄色の文字の1文

    数に興味を持ち始めた娘にちょうどよいかもとこの本を読んでみました。
    絵やその色彩が素朴な感じでいいですね。
    何度も同じフレーズの繰り返しは、小さいお子さんでも読みやすいかもしれません。
    「まりーちゃんとひつじ」は羊を数えるために何度もお話を中断。
    それが、ただ一方的な読み聞かせではなくて親子で心を通わせながら読んでいる感じがしていいなと思いました。
    「まりーちゃんのはる」。
    これ、1文だけ黄色で示されているところがあるんです。
    ここをどうやって読もう?
    私は、なんだかすっと温度が下がる感じがするので平坦に読みました。
    他の方の読み聞かせを聞いてみたい気がします。
    娘はまでろん探しが気に入ったようで、こちらの方がお気に入りでした。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2つのお話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    有名絵本なので読んでみました。
    2つのまりーちゃんのお話が入っています。
    くりかえしは別にいいのですが、ちょっと文章が長かったかな。
    うちの子にはそんなに合わなかったようです。ちょっと途中で飽きてしまった感じでした。
    たまにはこういう絵本もいいかなとは思うのですが。
    おだやかなお話でした。

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • まりーちゃんとひつじ
    まりーちゃんのはる 2話のお話しが ほのぼのとしていて まりーちゃんのやさしさが感じられます

    まりーちゃんとひつじの  ぱたぽんのやりとりが展開していきます
    まりーちゃんはひつじに赤lちゃんが生まれて毛を売って ステキなものを買いたいと思っているのですが・・・・・
    ぱたぽんはみどりのはらっぱで ひなぎくのはなとおひさまのなかで それだけで幸せなんです
    まりーちゃんは どんどん夢を膨らませますが・・・・
    ぱたぽんは いつでも 同じ答え
    7かい繰り返されて リズミカルでなにかしら ワクワク感があってお話が展開するのがいいですね〜 
    ラストのぱたぽんはひつじをいっぴきうんで とてもだいじにしていたんです
    まりーちゃんのくつしたが編めて幸せね
    ほのぼのしていて やさしい いいお話でした

    はるのおはなしはあひるのまでろんがいなくなって まりーちゃんとぱたぽんが探しに行くのですが いろんな人とのであいと掛け合いが面白く
    すごく楽いんです

    びえーるくんとの出会いは最高!  お友達になれたんですもの

    かわいい まりーちゃんのお話しは ほのぼの  とても優しい気持ちになりました

    掲載日:2015/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 微笑ましい!

    同シリーズの「まりーちゃんのくりすます」を読んだことがあったので,こちらも読んでみました。
    この絵本の特徴は,登場人物の会話でお話が進んでいくところです。
    そこが大人の私には新鮮で,子供の純粋な気持ちがよく表現されていて微笑ましく感じました!
    南欧の田園風景もとても魅力的でした!
    1〜7までの数字も出てくるので,ちょっとした知育的要素もありました。
    可愛らしい絵本でした☆

    掲載日:2014/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとかわったお話

    この絵本は昔からよく見かけたのですが、文章が少し多く、
    小学生くらいの本なのかなと思っていたので、なかなか手に取る
    ことがありませんでした。
    けれど、やっぱり気になっていたので、手に取って読み聞かせを
    してみると、意外とじーーーっと聞いていてくれました。
    繰り返しの文章が多かったことと、言葉をしっかり選んでいる感じ
    が、心地よかったです。
    ストーリー性があるというよりは、詩のような感じの本でした。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • まりーちゃんとひつじ・まりーちゃんのはる

    タイトルの2作品がありました。
    どちらも、とてもかわいらしいお話でしたよ。

    前半「まりーちゃんとひつじ」のほうは、繰り返しの文章や、簡単な数の勉強の要素があって、小さい子にも良さそうだと思いました。

    絵もかわいくて、ドールハウスの世界を見ているように思えました。
    特に、カラーページでの色使いは素敵です。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数の絵本

    「まりーちゃんとひつじ」と、「まりーちゃんのはる」の2話から構成されています。マリーちゃんとひつじは、1から10までの数が学べます。ひつじのぽたぽんが何匹の子羊を産むのかがとても気になって、1匹から7匹までの夢が語られていて、残念なことにぽたぽんは、たった1匹の子羊を産んだだけでしたが、まりーちゃんの靴下を編むくらいの毛糸しかとれなくてもまりーちゃんもぽたぽんも幸せそうでよかったです。お金持ちにならなくてもぽたぽんとまりーちゃんが嬉しそうなのでよかったです!

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

53件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もりのなか / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット