いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
そよかぜはなさん 40代・ママ

なぜいっことさんこ?!
リズミカルに読み進められる本です。 …

はなのすきなうし」 パパの声

はなのすきなうし 作:マンロー・リーフ
絵:ロバート・ローソン
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:1954年12月10日
ISBN:9784001151114
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,045
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分らしさの大切さを教えてくれます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1936年初版の米国作品で、日本では、1954年に訳され読み続けられています。

    舞台はスペインで、フェルジナンドという牛が主人公です。
    フェルジナンドは、他の牛が闘牛場で闘うことを夢見て、つっつきあったりしているのに、花の匂いを嗅ぐことが好きなのです。
    いつもコルクの木の下にすわっています。

    それにしても、コルクの木の枝にコルクが数珠なりに生っているのって、結構可笑しい感じがしました。
    “コルクの木”って確かに存在しますが、皮を採取してコルク栓を作るのですから。

    意外な展開があって、闘牛にフェルジナンドが選ばれてしまうのですが、結局闘わずして物語は終わります。

    自分は自分らしくあれば良いということが伝わってくる絵本です。
    今から70年も前にこうした主張の絵本が出版されていることに驚きました。

    そして、子供を理解してあげる親の姿も描かれていて、親にも読んでもらいたい絵本だと思います。
    モノクロの絵が、逆に新鮮な感じがすると思います。

    掲載日:2008/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ありのままを受け入れる」

    花の匂いを嗅いでいるのが好きな牛のお話。
    周りは皆、闘牛として活躍するのが当たり前の世界にいながら、それから外れる個性を尊重し、許容する親の姿。
    「ありのままを受け入れる」・・・そんなメッセージが伝わってきます。
    子を持つ親として見習うべきことだなぁと思いました。
    親の方が読むべき絵本でしょうか。
    モノクロの絵本に普段はあまり興味をみせない娘ですが、この絵本は「読んで!」と持ってきて、一緒に読んでいます。

    掲載日:2004/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット