あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ケーキをさがせ!」 みんなの声

ケーキをさがせ! 作・絵:テー・チョンキン
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年4月30日
ISBN:9784198625207
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,459
みんなの声 総数 36
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 探す過程

    とても奥いテーマの絵本だと思いました。ケーキを探していく絵本なのですが、探していく過程こそが面白いという事をこの絵本は教えてくれていると思いました。柔らかい絵の感じがとても心地よく、途中でいくつものストーリーがあるので他のストーリーも自分次第で楽しめる所がとてもいいと思いました。ケーキがどこにあるかを探すだけでなく、色々な登場人物が巻き起こす楽しいストーリーも必見だと思いました。著者の他の作品も読んでみたいと思いました。

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 家族で囲んで、がオススメです。

    「ケーキをさがせ!」なので、ケーキはどこ?と探すのが一番のカギなんですが、はっきり言ってそれ以外が面白いんです。
    あれ?このキャラクターなんでこんなふうになってるの?と前のページをたどっていくと…こうだったんだ!!と新たな発見の連続。
    家族で頭を突き合わせて、何度もページを行ったり来たり。
    爆笑の連続でした。
    2歳の娘もどんどんテンションが上がっていって、夜眠るのを忘れるほど(苦笑)
    文章がない本は大丈夫かな?と思いましたが、全く問題ありません。
    とても楽しい本です。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • まずはこちらから!

    たまたまこのシリーズの二作目を

    以前読みました。

    とっても気に入ったので改めて一作目を

    読んだんですが、できれば一作目から

    読んだ方が楽しいと思います。

    文字がなく絵をみて、自分たちがストーリーを

    見つけ出す、その過程がとても楽しいです。

    ページをいったりきたりして、納得したり、

    疑問に思ったり、、。

    その繰り返しをしているうちに結構時間が経ちます。

    でもいいんです、大人も夢中になります。

    だから親子で楽しんで欲しいです。

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • お得感アリ

    探し絵本です。

    大人ならケーキを探すのはかなり簡単。
    子供にはちょうどよさそう。

    でも・・・。
    「どうしてネコさんはケガしてるんだっけ?」
    「どうしてカメさんはバッグを持ってきたんだっけ?」
    何度も見返したくなります。

    ぱっと見はごちゃごちゃせず、簡単そうなのに何度も見たくなるところがお得な気がします。

    掲載日:2015/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウォーリー好きな子におすすめです!

    • びーびさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子9歳、女の子7歳

    小2娘のお気に入りです。
    ミッケ!、ウォーリーも大好きですが、こちらはケーキという女の子の
    食いつき良かったです。
    娘は読書は嫌いなのですが、こういう探す本は大好きなので、ぜひともまた2冊よりもまだまだ続編を出して欲しいです。
    絵の内容はウォーリーみたいな感じでした。
    親子で探して楽しめます。

    掲載日:2013/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 字の無い絵本

    この絵本には、字がありませんでした。
    でも、絵を見れば、ちゃんと物語があることがわかります。
    美しい絵というわけではないのですが、動物それぞれの表情までハッキリと見てとれるので、自分の頭の中で物語が作りやすかったです。

    掲載日:2012/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこの国の作者だろうって思って手に取りました。
    インドネシアのジャワ島に、中国系オランダ人として産まれたそうで。
    で、今はオランダ児童書界で長年活躍しているとか。
    ほほう。
    オランダか。
    名前だけではとうていわからないですよね。
    で、内容はというと、文字がない絵本です。
    盗まれたケーキをひたすら追っていく。
    でも、そのケーキだけではなくて、とりまく世界もいろいろな
    ドラマを含んでいて、見所が満載でした。
    水にぬれたケーキを食べるのはちょっといやだな〜と
    思いましたが…。
    読み聞かせでじっと聞いてるのが苦手な男子といっしょに
    あれこれ言いながらいっしょに楽しんだりするのに
    むいてるのでは?と思いました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミッケみたい

    ミッケみたいな絵本でした。子供はミッケはちょっと難しいのでこの絵本ぐらいな感じが四歳児のうちの子には向いているのかも!?でも、意外にすぐに見つけれるページもあって、簡単すぎるかなって思ったりもして・・・。

    掲載日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなでケーキを食べる

    犬さんのケーキをネズミさんが盗んだから、さあ大変! ケーキの行方

    を追いかけて、読んでいる私もケーキだけに目が離せませんでした。

    文字がないのですが、ページ毎に退屈しない出来事にやっぱり目が離せ

    ません!  最後に手元に戻ったケーキをみんなで頂くのがよかったで

    す。私も参加したかったです。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も見返しました

    字がない、ケーキを探す絵本。
    「ママ、簡単だよ〜」と息子。
     いやいや、よく見てください。
     ケーキを探すだけじゃないんですよ〜
     出てくる動物も多いので、それぞれの動物にスポットをあてて読むのも楽しいのよ〜

    ということで、一緒に読みました。
    字がないので「なんて言ってるのかね〜」なんて話ながら読みました。
    今度はこの動物を見てみよ〜 と何度も見返しました。

    何度見ても新しい発見がある! これ本当だと思います。
    読む人によって、何種類ものストーリーが生まれるとおもしろい本だと思います。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / もりのなか / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット