まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

オオカミグーのはずかしいひみつ」 みんなの声

オオカミグーのはずかしいひみつ 作:きむら ゆういち
絵:みやにし たつや
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784494007967
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,697
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 長女が学校で借りてきて読んだ本です。
    子供より、親にストレートに心に響く本じゃないかと思いました。親は、子供がどんな子でどんな悪いことをしてしまっても躊躇せず、子供を守る、守れるものなんだと。

    私には、三人の子供がいてかわいいときだけでなく、ぶつかることもあります。それでも向かい合って、子供にとって良い方向に導き、どんなときも無条件にわが子を好きでいないといけない、と思いました。

    子供は、よくわかっていないような感じでしたが、何回も読んでくうちに色々なことを気付かせてくれる本だと思いました。

    掲載日:2012/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • なかなか最後まで読みきれませんでした

    私自身、親にあれこれ心配されるのが無性にうざったかった時期がありました。
    心にもないようなひどい言葉を投げつけてしまったこともあります。
    そんな子どもの頃の自分と、母になった今の自分が入り混ざった複雑な気持ちで読みました。

    身の危険も顧みず、全身ボロボロになって愛する息子のために死んでしまうイタチ母さん。
    傷だらけの母を抱きしめ、あまりに大きな母の愛に気づき、グーの両目から涙がこぼれ落ちます。
    このシーンで必死にこらえていた私の涙腺も崩壊し、その先を声に出して読み続けることがなかなかできないでいました。
    私も母にかつての非を謝罪できないまま、母が他界してしまったものですから、こういう場面にはめっぽう弱くて…。
    「もうこの本はママが泣いちゃうからやめよう」
    と2歳の息子に気を遣われる始末でした。
    必死に泣くのをこらえ最後まで読み聞かせができたのは、この本を購入して約1ヶ月後のことでした。
    ようやくきちんと読んであげられたと安心して本を閉じたら、裏表紙の仲睦まじい様子で手をつないだ、子どもの頃のグーといたち母さんの笑顔の絵を見てまた号泣。
    恥ずかしいくらい息子の前で泣いてしまいました。

    このいたち母さんの無償の愛にジーンとくるのは、息子がもっと大きくなり、反抗期を迎えた頃くらいではないでしょうか。
    思春期の子どもたちにこそ読んでほしい本かもしれません。

    掲載日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • いたちの気持ち

    • 月の華さん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳

    こういう話を読むと、どうしてもお母さんであるイタチに感情移入してしまいます。
    自分の子を失ったときに、捨てられていたおおかみの子グーを心から大切に育てたお母さん。それでも、おおかみの母親がイタチだなんて馬鹿にさることが嫌で、隣山の友達と遊ぶグー。あんまり強くなったものだから、そのまた隣の山のおおかみたちに5匹がかりでひどい目にあうことになりました。
    そんな時に自分を顧みず助けに飛び込んで、ボロボロにされても向かっていきグーを助けたのは、言うまでもなくいたちのお母さんです。
    母親だから、自分より強い相手が何人いようと、身を挺して助けに入ったのですよね。
    「初めてみんなの前お母さんと呼んでくれたね」お母さんは静かに目を閉じました。
    涙なしでは読めません。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • はずかしかったけど

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳

    イタチのおかあさんに拾われて育ったオオカミのグーのお話しです。

    イタチがおかあさんということで、
    まわりのオオカミたちにバカにされていたので、
    グーはおかあさんのことが嫌いでした。

    グーは大きくなって、付近のリーダーになりました。
    隣山のオオカミたちの卑怯な罠によって絶体絶命のピンチに陥ります。
    そこへ小さな黒い影が・・・

    悲しいけれど、親の愛を感じるお話しでした。

    掲載日:2016/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間社会に置き換えても起こりうる内容のお話でした。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    どう考えても泣けるような絵ではないのに、今回もまんまと泣かされてしまいました。お話の骨組みがしっかりしているからでしょうね。と思ったら今回はお話を担当されたのは宮西先生ではなく、別の先生なんですね〜!最後のページのグーの穏やかな表情がいいですね。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥が深いな〜

    3歳の息子に図書館で借りてきました。
    息子にはちょっと早かったかも?!と思いましたが
    とてもいい絵本です。

    きむらさんの絵本は奥が深いなと思います。

    恥ずかしい秘密でもない!んだけど
    男の子にしたらやっぱり知られたくないこともあるんですよね。それがましてや母親のこととなると・・・

    母親はどんなに拒否されても心配で仕方が無い。

    そんな母親の愛を最後に知るグー
    何だか涙なしでは読めない1冊です。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんの愛は大きい

    オオカミのグーはおかあさんがきらいです。それは、イタチだからです。でも、おかあさんは、グーが大好きで、いつもどんな時も見守っています。大きくなったグーは、おかあさんに怒ってばっかり。でも、そんなグーも最後にはおかあさんの強くて大きい愛に負けるのです。おかあさんてやっぱりすごいんだね。

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の愛

    宮西達也さんの絵が好きな子どもが選びました。
    「オオカミグーのなつかしいひみつ」のほうを先に読んでいたので、こちらもぜひ読みたいなあと思っていました。なつかしいヒミツのわけも、この本を読んでさらに納得しました。
    グーの気持ちも、イタチの母親の気持ちもすごくよくわかります。息子はまだどちらもいまいちわからないかな?
    いつか息子も思春期がきて、グーのように恥ずかしいからあっち行け、みたいなこと言っちゃうかな。
    いつまでもイタチのように強くてやさしい母さんでいれるといいな。
    最後はちょっとせつなくなるお話です。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度でも泣けちゃう

    • まりちゃまさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳、女の子3歳

    初回は五才の娘に読みました。
    そのご、小学校2年生に読み聞かせをしました。
    どちらも、音読したのですが、どちらも同じところで泣きました。

    オオカミグーは、捨て子。拾って育ててくれたのがイタチの母さん。
    でも、それが原因でいじめられます。
    (なんだか、人間とどこかかぶるところがあるような気がして、
    それだけでぐっと来ます。)
    だからグーは、遠くの山で遊ぶのだけれど、お母さんは迎えに来ちゃう。ひどいことを言うグーです。
    (もし、娘が反抗期になったら、こんなこと言われたりする?と思うと悲しくなってきます。)
    グーは、ボスになっていきます。でも、よく思わないオオカミからやられてしまうのです。そこへ助けに入ったのがお母さん!
    お母さんは、やられてもやられても立ち上がるのです。
    (母の愛です!)
    グーの仲間がやってきて、いよいよクライマックス!
    倒れているお母さんに気づいて、グーは大きな声で「お母さん!」と呼びます。そこでお母さんは
    「初めてみんなの前でお母さんと呼んでくれたね。」と言って、目を閉じてしまうのです。「おかあさんーん!」と何度も叫ぶグー。
    (毎回号泣!こうして書いているだけでも泣けてきます。)

    この話を読み聞かせると、
    五才の娘は「ママ泣いてるの??」
    小2は、「うちのママも泣いてた!」「ちょっと目が熱くなる。」
    この本、子ども向けというより、母親が感動する本です。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 号泣してしまいました

    あまりに切なくて、号泣してしまいました。
    オオカミグーの、「友達にバカにされないことの方が大切」という気持ちも、
    イタチのおかあさんがグーを心配する気持ちも
    どちらも痛いほどよくわかりました。

    しかし、おかあさんのグーへの愛情は何よりも強いものでした。

    グーがそれに気付く代償は、あまりに悲しいものでした。
    ボロボロボロボロ、号泣してしまいました。

    “世界一優しくて、誰よりも勇敢で、一番のおかあさん”。

    そう娘たちにも思ってもらえるように、頑張らなくては、と思いました。

    母の愛がひしひしと伝わってくる本です。

    大人は多分、皆さん心にぐっとくると思いますが、
    思春期くらいのお子さんたちにも、是非読んでもらえたらなぁと思いました。

    悲しいけれど、おすすめの一冊です。

    掲載日:2012/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / パパ、お月さまとって! / おふろだいすき / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


すべてのおとなとこどもに贈ります

全ページためしよみ
年齢別絵本セット