ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ガチョウ番のお姫さま」 みんなの声

ガチョウ番のお姫さま 作:グリム
絵:ポール・ペレ
訳:大庭 みな子
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1992年
ISBN:9784890138333
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「ガチョウ番のお姫さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 説得力のある絵でした

    遠くに住む王子様の基に嫁いでいくための旅。
    旅の途中でお供のこしもとが、謀反をおこして立場が入れ替わってしまいます。
    こしもとが王子様のもとへ、王女はガチョウ番を言いつかります。
    最後は王女が王子様と一緒になるハッピーエンドですが、話の断片が少し気になりました。
    王女のお母さんがお守りにとくれた魔法のハンカチ。
    なんだか旅の途中に川に流れて行ってしまいました。
    王女が乗っていた口が利ける馬のファラダの出番は、殺されてしまってから。
    王女が野辺で歌を歌って、そのおまじないで一緒だったキュルドぼうずの帽子を風で飛ばすシーンが繰り返されるのですが、その意図がよく分からない。
    つながりのないプロットで構成されたお話のような気がするのです。
    原作で読むと、ひょっとしたら暗示があるのかもしれません。
    でも、この脈絡のなさが、ポール・ペレの絵で不思議とまとめられています。
    こしもとの悪さだけが目立つお話ですが、登場人物がなんだかどこかで見た絵風で親しく思えました。
    ポール・ペレってどういう人なのでしょう。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット