庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

女王バチ」 みんなの声

女王バチ 作:グリム
絵:フィリップ・デュマ
訳:大庭 みな子
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1992年
ISBN:9784890138326
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,524
みんなの声 総数 1
「女王バチ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵とお話の組み合わせの意外感

    ワンス・アポンナ・タイム・シリーズはお話と絵の距離感が感じられるシリーズです。
    絵を描く作者の独善的というか、独自の解釈というか、ついていくのに大変なシリーズ。
    よく言うと挿絵の芸術性を強く出している作品群です。
    自分としてはあまり積極的なファンではないけれど気になるシリーズです。

    この『女王バチ』は、3人の王子の末っ子が助けたアリやカモやハチの恩返しで、魔法で眠りについたお城の王女様を助け、3人姉妹の末っ子を当てて結婚するというハッピーエンド物語。
    ストーリーとしては分かりやすいお話なのですが、フィリップ・デュマの絵はなんだか思わせぶりが強いのです。

    ですが、兄弟がどう見ても仲の良い3人の友だち。
    3人の姉妹はどうみても普通の女の子たち。
    舞台もそれほど昔ではない「むかしむかし」の素朴な郊外風景。
    子どものごっこ遊びに見えてしまうのですが、その受け取り方で良いのでしょうか?

    きっと違う作家が描いたら、グリムらしさが出てくるのでしょうが、あいにくと他に『女王バチ』の絵本を探すことができませんでした。
    とても良い話ですが、意味ありげなデュマの絵に、ちょっぴり違和感を覚えます。
    3人の王子は3人の王女と結婚して、なんだか仲良くごっこ遊びを続けているラストシーンを、城(どう見ても屋敷)の中から見ている二人の透明な男たち。

    何かを象徴しているのでしょうか。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット