ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

眠り姫」 みんなの声

眠り姫 作:シャルル・ペロー
絵:ジョン・コリアー
訳:庭野延子
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1989年
ISBN:9784890138104
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「眠り姫」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ペローの『眠り姫』の粘着性

    ペローの『眠り姫』を読んだら、グリムの『ねむりひめ』がとても「美しく?」感じられました。
    それほど、おどろおどろしさをもった眠り姫。
    このお話には、グリムの『ねむりひめ』、『いばらひめ』のその後も描かれています。
    宴会に招かれなかった妖精の悪意のせいで100年間の眠りについたお姫様。
    それを眠りから覚まさせた王子様。
    私はハッピーエンドを期待しかかった。
    王子様の母親は人食い鬼。
    なんという設定でしょうか。
    王子様と結ばれたお姫様は、結婚し子どもも生まれたのに、恐ろしい出来事に巻き込まれてしまいました。
    ドロドロとした愛憎ドラマを好む大人向けでしょうか。
    ペローの童話はちょっと(かなり?)怖いのです。
    ジョン・コリアーのくすんだ絵が、とても重々しくて、ちょっと繊細な子ども心には刺激が強いかも。
    それでも、最後はホッとするのですから、許してあげましょう。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット