マスク マスク
作: 福井 智 絵: 林 なつこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

ゆきのひ」 みんなの声

ゆきのひ 作・絵:エズラ・ジャック・キーツ
訳:木島 始
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年12月
ISBN:9784033281209
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,142
みんなの声 総数 58
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

58件見つかりました

  • 天使がかわいい!

    最後の2ページ、雪の結晶で、雪を表現している所が、とってもかわいく、きれいです。

    雪が降ったとき、「するする!」という行動をたくさん描いていて、とっても共感しました。
    でも、「天使」を作るのは、お国柄ですね。
    本当に羽の生えた天使に見えるので、感心しました。

    冬の定番・・・の本です。

    掲載日:2007/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 等身大の自分。

    息子が大好きな1冊です。きっと自分とまったく同じくらいなので、おもしろいようです。
    雪のいろいろな遊び方がシンプルに描かれているところがとてもいいと思いました。
    また、すっかり雪を溶かしてしまう夢を見るほど雪遊びが楽しい!というのが息子にも伝わったのが読んでいていいところだと思いました。

    掲載日:2007/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤いマントがインパクト

    • ちびびさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子3歳

    そもそも雪遊びってそこに雪があるだけで
    歩くだけでも楽しい、そんなシンプルさがあると思います。
    今年、私の住む地域には雪はまったく降る気配がなく
    3歳の我が子に雪遊びをさせられそうもないので
    雪遊びの本をあれこれ読みましたが
    これがいちばんシンプル、でもその色使いのよさは
    際立ってました。もしも雪遊びの機会があればうちも
    赤いマント(コート)を着せたいな、と思ったほどです。

    掲載日:2007/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルだけど面白い

    雪の日って、ただ歩くだけでも楽しい。
    だって雪の上を歩くと、キュッキュッって音がするし、
    足跡だっていろんな形でついちゃう!
    人型だってできちゃう。
    もういろんなことができちゃう。
    どんな遊びをしたかみんなにお話したい!
    そんな子供心を、この絵本の主人公ピータは上手く捉えています♪
    雪の日の嬉しさが絵本からすごくこぼれてきている作品で、読んでこちらまで嬉しくなっちゃう絵本でした。
    雪がふったら楽しいだろうなあ。
    ああ、雪ふってくれないかなあ〜と
    ゆき少ない今年は尚更雪がすごく恋しくなってしまいました。

    掲載日:2007/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天使のかたちを作ってみたい!

    • よへほさん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 女の子3歳

    「とても綺麗な絵本でオススメだよ!」と美術系の夫婦からプレゼントしていただいた絵本です。

    まず表紙をめくってビックリ!
    淡いピンク、淡い紫などで雪の結晶が美しく描かれています。(これも貼り絵なんでしょうか?)
    白い雪ではないのに、全く違和感がありません。
    主人公のピーターにとって雪の世界は、
    きっとこの見開きのような柔らかく美しいものなんでしょう。

    色彩が美しく、本文も少ない上にストーリーも分かりやすいので、2才位からのお子様に読んでみても大丈夫と思います。
    我が家でも2才頃に読みましたが、すごく気に入って
    本文の言葉をたくさん覚えました。

    この本を手にすると、雪に全く縁のない、九州に住んでいるのが残念に思えてしまいます。
    雪に寝っ転がって、「てんしのかたち」をいつか是非親子で作ってみたいものです。

    掲載日:2007/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい雪景色

    不思議な色遣いに惹かれて思わず手に取った絵本でした。
    雪の日にピーターがひとりで遊ぶ様子が、淡々と描かれています。
    3歳の娘には退屈かと思ったのですが、予想に反して聞き入っています。
    昨年は雪に大泣きしてた娘も今年は雪で遊んで親近感が増したのか、
    「ピーター読んで」と持ってくる回数が増えました。
    冬に読みたい美しい絵本です。

    掲載日:2007/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤いマントと白い雪のコラージュ

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

     子どもにとって、雪は天からの贈り物。
    道も木も家も白一色の中に、一歩一歩足を踏み入れて行く時の
    緊張感と楽しさが伝わってくるようだ。
    雪の上に筋をつけたり、木の枝の雪を払い落としたり・・。
    ピーターの一人遊びを淡々と描いているのだけれど、
    胸の奥のドキドキが聞こえてきそうな気がする。
    静かにゆっくりとした雰囲気の中で、ピーターと気持ちを共感し、体験できる絵本だ。
    コラージュ(はり絵)の赤いマントと白い雪とのコントラストが鮮やかで、印象に残る。

    掲載日:2006/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪の日が待ち遠しい

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    ゆきがふったことのよろこび、あしたもゆきであってほしいという少年の気持ちがとても伝わってくる本。明日も遊ぼうと思って雪だまをポケットに詰める、お風呂で何度も今日のことを思い返す、家に帰ってお母さんに今日あったすべてのことを話す。どれも気持ちが良くわかります。ゆきのひの子どもの気持ちを見事に描いた本。
    私は小学校2年生のクラスで読んでみました。なかなか反応は良かったですよ。

    掲載日:2006/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に雪体験

    雪の感じがとても出ている。雪の日の遊び方・雪の日にしか出来ないこともあると分かる。一緒に楽しい一時を味わえる。

    掲載日:2006/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪国で天使に

    • 佐保姫さん
    • 30代
    • ママ
    • 秋田県
    • 女の子4歳

    秋田に引っ越してきて、さあ、いつ降るいつ降ると待ち構えていました。
    最初に降った日は、二人でそれは喜びました。
    娘の防寒着にスキーウェアまで買いましたから。

    さあ、雪あそびだレッツゴーとでかけて、娘が最初にしたのは、ゆきのひにでていた天使の模様作りでした。
    ふかふかのやわらかな雪です。きれいにできました。

    そして、やっぱりお部屋に雪を持ち込もうとしました。
    結末は知っているのに。
    絵本と現実がリンクしたときの喜びはたとえようもありません。

    掲載日:2006/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

58件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(58人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット