貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ヘンゼルとグレーテル」 みんなの声

ヘンゼルとグレーテル 作:グリム
絵:モニック・フェリックス
訳:川上 雅弘 川上 まり子
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1988年
ISBN:9784890138081
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,436
みんなの声 総数 1
「ヘンゼルとグレーテル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • フェリックスの挿し絵を見て、どことなく不気味さを感じ、違和感を覚えたのですが、『ヘンゼルとグレーテル』は本来的には怖いお話なのだと思い直しました。
    メルヘンチックに美化された表現は、子ども向けのフィルターなのかもしれません。
    親に捨てられる子ども、魔の手で殺戮されようとしている子どもの危機、社会病理の要素を多分に含みながら、子どもの絵本として成り立っている昔話の危険性を批判しているような辛辣さを感じました。
    同じ物語なのに不思議でした。

    掲載日:2014/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット