おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?

だんごをなくしたおばあさん」 みんなの声

だんごをなくしたおばあさん 作:小泉 八雲
絵:平山 英三
訳:光吉 夏弥
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\922+税
発行日:初版 1977年9月
ISBN:9784477167633
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,014
みんなの声 総数 5
「だんごをなくしたおばあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小泉八雲のお話はとってもユーモアがあっておもしろい
    「テ、ヘ、ヘ、ヘ!」と笑うおばあさん 
     お米のダンゴを作る名人
    だんごがころがって 穴のなかへ・・・・

    お話の展開がゆかいで おじぞうさまが 「ここからさきへは いかないほうが いいよ・・・」といってくれたのに・・・
    (言うことを聞かないおばあさんですが おじぞうさまは おばあさんを守ってくれるところ  なんだか ホットします こういうお話しの展開いいですね〜)

    おばあさんは 「だんご だんご どこへ いった?」とおいかけてとうとう
    人食い鬼に出会うんですが・・・ 
    おばあさんの朗らかさ おじぞうさまがちゃんと 鬼に 「おばあさんを いじめたら しょうちしないからね。」と鬼に言ってくれるところは 今までの日本の昔話の筋とはちがうな〜
    おじぞうさんの おかげで 鬼たちは おばあさんを いじめないで
    ご飯炊きをさせるんです  なかなか 素直なやさしい鬼なのですよ

    おだんご好きのおばあさんは鬼から逃げ出すところも おもしろく
    読んでいて 楽しいのです

    明るいおばあさんの 人徳かな?

    平山 英三さんの絵もなかなか おもしろくて このお話を盛り上げてくれています

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 英語版も面白いです

    日本文化紹介者として名高い小泉八雲の作品とあって、英語化された作品の読後、興味があり、読んでみました。

    物語としては子供になじみやすく大変興味深い作品です。

    ただ、日本人としてみると、笑い方、服装、文化など誤解を受けやすい内容であるなあと残念な思いも残る作品です。

    英語版は1973年のコルデコット賞受賞作品として有名ですが、いまより40年以上前の作品ですが、当時日本はこのような印象だったのだなと思いやられました。

    楽しんでいいのか、悲しんでいいのか、自分のなかで気持ちの決着をつけることが難しい、心に残る作品です。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小泉八雲のユーモア物語

    小泉八雲の作品なので、怪談話かと思ったらユーモアな昔話です。
    おだんごを転がしてしまったおばあさんは、おだんごを追いかけていくと鬼の世界に入り込んでしまいました。
    怖がることなく鬼のおさんどんをしていると、不思議なしゃもじを手に入れました。
    どこかほかの昔話にも似て、楽しいお話です。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしく感じました

    どの昔話がとすぐにでてこないところがかなしいですが、いくつかの昔話の要素が入っていると思いました。

    鬼の食事の世話をすること、ごはんが倍量になるしゃもじなどです。

    おばあさん、「テヘヘヘ」と笑ってしまうあたり、とても陽気なんだなあと思いました。

    お団子好きというのが、かわいらしく感じました。

    児童書です。最近光吉夏弥さん訳の本を読む機会が多いのですが、「ゆかいなゆかいなおはなし」シリーズは、光吉さん訳のオンパレードで、はずれがありません。

    幼年童話としてもおもしろいのでおすすめです。

    鬼が出てくるのが、ちょっとこわいですが、おもしろいお話です。

    掲載日:2009/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろかったです

    おばあさんが、「テヘヘヘ」ってわらうから、わらいかたがおもしろいとおもいました。

    おにが出てきたから、どうなっちゃうのかなっておもいました。

    おさんどんってことばが、わからなかったです。はじめてききました。

    おにのまえでも、わらっちゃうから、おばあさんは、すごいなあっておもいました。

    しゃもじが、かきまぜるだけで、ごはんがふえるから、いいなあっておもいました。

    さいごは、よかったとおもいました。

    おもしろかったです。

    掲載日:2009/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


視点を変えて…もしあなたが桃太郎だったら?!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット