すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

お月さまってどんなあじ?」 せんせいの声

お月さまってどんなあじ? 文・絵:マイケル・グレイニエツ
訳:いずみ ちほこ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年09月
ISBN:9784883301065
評価スコア 4.76
評価ランキング 572
みんなの声 総数 177
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お月さまのあじは?

    • ミヨさん
    • 30代
    • せんせい
    • 兵庫県

    大好きな月のお話のひとつ。

    お月さまって、どんなあじがするんだろう?
    あまいのかな。
    しょっばいのかな。

    ある夜、お月さまを食べてみようと決心したカメは高い山へ登ってみることに。
    だけど、お月さまには届かなくて色んな動物が次々と手伝いに来てくれる。

    そんな動物たちの様子をおもしろそうに、にこにこしながら見ているお月さまが、とても、素敵。
    絵が本当に優しくて、美しい。

    ある程度文章が長いので、幼児向けかなと思うけれど、
    1〜2歳にも話を短くして適当につくって読んでいる。

    おつきさまのほん、よんでー!
    といつも言われる、子どもたちも大好きな絵本。

    掲載日:2012/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像が膨らみます

    初めて買った絵本です。大好きでエプロンシアターも自分で作ったくらいです。
    ちょっと2歳児は難しいかと思いましたが、興味津々で聴いていました。
    「何でお月さま逃げるの?」「もうちょっとで届くよ」と子どもたちも楽しんでいました。
    読み終えた後に表紙のお月さまを一人ずつ食べさせてあげると「メロンの味!」「ジュースの味!」と様々な答えが返ってきてとても面白かったですよ。

    お空を見るたび月が出ていると「あ!お月さまバナナ(三日月)になってる〜誰が食べたんかな?」と話し合っている子どもたちです。

    掲載日:2010/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 背表紙の変わったタイトルにひかれて表紙を見ると、僕の大好きな五味さんの絵に似た雰囲気のなんとも可愛らしい絵が…。内容は、大きなかぶのようだが、ちょっといじらしい“お月さま”がストーリーをおもしろくします。
    保育園で子どもたちにこの絵本を読んであげ、最後のページの後に「さぁ、どんな味がしそう?」の問いかけに、子どもたちは口々に色々な味を言ってくれ、「う〜ん、それもおいしそう!」とみんなで楽しめる絵本です。
    でも、やっぱり僕はチーズの味がしそうなんだよな〜(笑)

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢がふくらみます

    お月さまってどんなあじ?
    みんな考えたことがあるような、ないような
    でも何だか親しみやすい題に思わず惹かれてしまいました。

    動物たちみんなで協力して
    「お月さまをかじってみよう!!」
    その発想もかわいらしければ
    イラストも何とも言えないかわいさで
    素敵な絵本です。

    ようやくたどりついたお月さまの味は・・・。

    絵本を開くたびに、お月さまの味が変わりそうな
    そして、お話を聞く子どもたち一人ひとりが
    みんな違う味がするんだろうなぁと夢がふくらみます。

    子どもたちに読んであげるのが
    とっても楽しみな1冊です。

    掲載日:2008/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • たべた〜い!!

    私も大好きなこの絵本。
    おつきさまを食べてみたい!そんな動物達の奮闘がとても可愛らしい一冊です。
    動物達がみんなで力を合わせ、どうにかおつきさまに手を伸ばす・・・。でも高〜いおつきさまには、なかなかとどきません。
    読んでいる大人もそのストーリーの展開にドキドキ!!
    最後はどうなってしまうのか?
    本当に楽しめる絵本でした。

    掲載日:2008/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの夢

    お月さまの味が知りたくて、動物達がお月さままで手を伸ばすお話です。

    手が伸びるたびにひょいっと上へ逃げるお月さまがかわいらしいです。
    でも、初めから狙われているお月さまだからこそ、これくらいのイタズラをしたくなる気持ちも分かります(笑)

    そして、お月さまのかけらが、それぞれの動物達が一番好きな味だなんて、とってもステキだなぁと思いました。
    私はちょっぴり甘い味のするお月さまですが、子どもたちはどんな味を想像するのかな?

    子どもたちの夢を描いたこの作品は、かわいらしくて温かみがあって、オススメの一冊です☆

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 味のある絵本

    味わい深い絵本だと思います。
    お月さまの味見に関してはすでに動物達の間で話題になっていたようです。最初のページの大きなお月さまの左右に動物達の目が光っています。
    勇気ある亀に乾杯!そして大きいものから順番にお月さまに近づく努力をしていきます。お茶目なお月さまはひょいっと逃げたりして愉快です。最後にはねずみがぱりっ!ねずみにも乾杯!いい音です。そして美味しそうです。それぞれの動物が一番好きなものの味だったそうですが、私にはごく薄〜い塩味のおせんべいの味に感じられます。本当に美味しそうです。

    子ども達の大好きな動物達と食べ物が登場する絵本。好評の訳がわかります。

    掲載日:2006/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな、びっくり顔になりました

    3歳児に読み聞かせをしました。
    お月様がなかなか手に届かない場面では動物たちを応援していた子供たち。でもようやく手に届きパリッとかじった場面では、みんな驚いて目と口が真ん丸に!
    かじられたお月様がかわいそうだと思ったのかな?
    みんなが一番知りたいお月様の味の答えは、それぞれの子供たちの心の中にあるなんてステキ!!
    きっとお月様を見るたびにその時感じた味を思い出すのでしょうね。

    掲載日:2005/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっと届くよ!!

    私は始めてこの絵本を目にして、表紙から惹かれました。お月様のイメージとは違って、お月様がなんだか悲しそうな表情。その訳はお話を読み終わり納得しました!読み終わると、動物たちの「やった!」という気持ちと、お月様の「あ〜あ」と気持ちが半々でした。子供たちはというと、ついにお月さまをかじったぞ!という気持ちが溢れていました。ペープサートでお話を見ると、お月さまが逃げていくのに大笑いで、ライオンやサルがお月さまに届かないと「逆さになればいいんよ!」や「シッポのばしたら?」とどんどん子供たちもお月さまをかじろうと必死でした(^−^)お話が終わると、子供たちそれぞれが、どんなお月さまの味がしたのかを話し合っている姿を見ました。届きそうで届かないお月さまを食べてみたいですね。

    掲載日:2003/07/17

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / かばくん / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

みんなの声(177人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット