十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

さよならおうさま」 みんなの声

さよならおうさま 作:長崎武昭
絵:山口 みねやす
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:初版 1991年2月
ISBN:9784477000367
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「さよならおうさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 推理すること

    図書館でこのシリーズに出会いまして、少しずつ借りて読んでいます。
    これは一番最後の巻ということで、算数について全体的な視点から描かれていると思います。
    特に「推理」の分野なのでしょうか。

    いくつかの条件から正しい数を当てるという問題がストーリーの中に入れこまれています。
    こうして与えられた条件の中で考えること、とても大切ですよね。
    勉強だけでなく、生きていく上で必要な力だと思います。

    最後の巻ということで主人公のすうちゃんがお引越しをするというところも描かれていました。ああ、これが最後の巻なのだなと思うとなんとなくさみしいです。

    掲載日:2015/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 推理、推理!

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子10歳、男の子6歳

    いじわる魔女のさんすうえほん。とうとう最終巻です。
    話はいいんですが、9巻のおかっぱ頭だった「すうちゃん」が・・・
    どうしたんでしょう。だいぶん雰囲気違います。

    すうちゃんがお引越しということで、王さまともサヨナラになります。
    で、最後の挑戦は『様々な条件から見えない数を推理する』。

    例のいじわる魔女が、仲間を集めてお城へ攻め込む相談を
    しているらしいのですが・・・「わたしたちの人数をあててごらん。
    当てたら二度とこの国には来ないよ」」と挑戦してきます。

    ドアから覗くと「くつが6足」。裏口には「10個入りのお菓子の箱」と
    ヒントが少しずつ出てきます。

    さて、魔女の数は・・・??

    兄ちゃんは見事に当てました。次男は?
    はい、兄ちゃんの解説で「わかった!」でした。

    掲載日:2013/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット