しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

キャベツくんとブタヤマさん」 みんなの声

キャベツくんとブタヤマさん 作・絵:長 新太
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:1990年07月
ISBN:9784580815544
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,416
みんなの声 総数 90
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

90件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 単純だけど迫力満点

    キャベツくんが食べ物に見えてしょうがないブタヤマさん。
    迷コンビですね。
    巨大な魚が下で口を開けている山の中のつりばし。
    ヘビや、ムカデや、ミミズや…、よく考えるとあまり気持ちの良くない生き物が、つりばしの上を通りかかります。
    だんだんつりばしは重くなっていくし、巨大な魚は増えていくし、スリル満点。
    つりばしが切れてしまったときには思わず声を出してしまいました。
    でも、おもしろくてとぼけた味が残る作品。
    おなかのすいたブタヤマさんとキャベツくんの妙な緊張感が、のどかさを引き立てているようです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • おどろきの展開が!

    つぎつぎとやってくる
    ヘビ、ムカデ、ミミズにのっかる
    キャベツくんとブタヤマさん
    息子はひとつづつ確認するように
    これね、これがミミズね
    おさかなふえたねー
    などと指をさしながら見ていました。
    ザブーーン!のところで
    ハッ!っとなって
    最後はよかったね〜!
    と言ってました。
    私は独特の世界観やな〜と思いました。
    なんか不条理マンガを見た気分のような。。。
    でもなんかまた読みたくなる
    やみつき感がある作品です

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 橋を渡るのに、、、

    橋の上に、へびやみみずなどが並んでいるのがシュール。

    危機を脱したとたん「キャベツ、お前を食べる!」とすぐに言うのが面白いです。またそれかー!!

    そして相変わらず、キャベツくんはブタヤマさんにごちそうするといいながらごまかします。そこが、とても面白かったです。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっこりするコンビ

    キャベツくんを食べたいブタヤマさんと、なんだかんだで毎回ブタヤマさんにご馳走を食べさせてあげるキャベツくん。面白いコンビですね。ちょっと怖いような魚やニョロニョロ系が出てきて、どうなるかとハラハラしても最後は平和にお食事に行くのがなんかほっこりします。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い展開にドキドキ!

    キャベツくんとブタヤマさん、橋の上にいたところ、大きな魚に食べられそうになったり、へびやミミズ、青虫が出てきて上に乗ってしまったり。そのヘビたちがロールケーキのようになってしまって、恐怖の体験をすることになったり。次から次へと、スリル満点な展開でハラハラドキドキ!
    キャベツくんを食べたいと思っていたことを謝罪したブタヤマさんに、ちょっと気持ちがホッコリしたと思ったら、まだ懲りていないことにクスッと笑えるラスト。
    今後のお話も楽しみになる一冊でした!

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • はらはらする

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    7歳の長男がかつてお気に入りだったシリーズですが、今度は3歳の次男に読んでみました。

    この巻は、川に飲み込まれてしまいそうでハラハラする内容でストーリーがわかりやすいので、素直に楽しめたようです。

    大人も、どうなることかとひやひやしますね。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツくん優しい♪

    キャベツくんとブタヤマさん。もうこの二人大好きです!特にキャベツくんの優しさがたまらない(笑)
    今回は橋の上で出会った二人。ブタヤマさんがキャベツくんを食べようとすると、川の中には大きな魚が…!
    こわがりやのブタヤマさんが、キャベツくんに、いつも君を食べたいと思っていたことをカミングアウトし、ゆるしてね、ゆるしてねとあやまるシーンが最高です!
    そして最後はやっぱり、腹ペコのブタヤマさんをレストランに誘う優しいキャベツくん♪
    シリーズでおすすめです!じわじわ面白い絵本です!

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おはなしかいで読みました。
    展開が激しいので本をゆすったりグルグル回して読みました。
    大人たちは付いていけない物語にこどもたちはグイグイ引き込まれていきます。これが長新太さんの力だと思います。大人に見えないもの、感じられないことがつまった絵本です。
    まだ自分で読めないこどもたちにどうやってこの世界を感じてもらおうかと試行錯誤しています。いつか自分で手にとって、絵も文章もまるごと味わってもらいたいです。大人になってしまう前に・・・。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • どきどき

    絵もお話も、長新太さんらしい作品だと思いました。
    巨大な魚やヘビが出てきて、本当だったら、ドキドキハラハラするお話なのでしょうが、なんだかノンビリ気分のままでした。
    きっと、キャベツくんのキャラクターの影響なのかな?、と思いました。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 橋の上で

    橋に、ながーいものが次々にやってきます。蛇や芋虫がきてそのうえに乗るなんて怖いですね。しかもキャンディのように丸まっちゃうの。絵だけみるとかなりおかしい。

    川に落ちて巨大魚に食べられるかと思いきや、大丈夫。よかったねー。

    子供と一緒に笑いながら読んでしまいました。シリーズでそろえて読みたいですね。絵もカラフルで元気が出そうな絵でした。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0

90件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット