ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぼくブルートレインにのったんだ」 みんなの声

ぼくブルートレインにのったんだ 作:わたなべ しげお
絵:おおとも やすお
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1988年1月
ISBN:9784251000545
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,844
みんなの声 総数 12
「ぼくブルートレインにのったんだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • いつか乗ってみたいな

    このくまたくんシリーズは、息子が小さいころから大好きで、今でも時々読み返して楽しんでいる絵本です。

    この本は、くまたくん一家(くまたくんとパパ、ママの3人)が、家族旅行でブルートレインに乗る道中のお話です。
    上野?と思しき駅から乗車し、青森?と思われる駅までの車中が臨場感たっぷりに描かれています。

    電車が大好きでいつかブルートレインに乗りたがっている息子は、繰り返し読んでも全然飽きないようです。
    いつか、我が家も家族旅行でブルートレインに乗りたいと思っていますが、だんだんホンモノのブルートレインが減っている現状、ちょっとさみしいですね・・・。

    乗り物が好きなお子さんにとてもお勧めの絵本です。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗ってみた〜い!

    くまたくんと同い年の息子。

    くまたくんシリーズが大好きで、
    いつもくまたくんと自分を比べています。

    たいていは息子の方が優位!ですが、
    今回は形勢逆転!

    息子は夜行列車に乗ったことがありません!

    この本を読んでから、もう羨ましくて羨ましくて。
    「ぼくもブルートレイン乗りた〜い!」

    ほんと、一度でいいから夜行列車の旅をさせてあげたいなあと
    思っちゃいました。


    そして、「今日からおしょくじの用意しなくていいわ!」っていう
    ママの心の叫びにも、とっても同感です!

    一緒に読むと現実に帰りたくなくなってしまう。
    そのくらい、リアルにワクワクな絵本です!

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブルートレインに乗った気分です

    2歳9ヶ月の息子に読んでやりました。ブルートレインに乗る様子が、子供の目線で書かれているとてもいい本でした。やはりくまたくんシリーズは安心して読んでやれます。

    おとうさんくまがおかあさんくまの誕生日にとブルートレインのチケットを入手して、3人でブルートレインに乗っている様子が事細かに書かれています。途中、停車した駅ではしーんと静けさがただよっているところなんて、子供らしく恐がっている様子がよく表現されていると思いました。

    もうブルートレインは走っていませんが、その中の様子がわかりやすく伝えられていると思いました。ブルートレインや電車が好きなお子さんにはオススメですね。

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗ってみたいなぁ。

    • 花樹幹さん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子6歳、男の子3歳、男の子0歳

    大好きなくまたくんシリーズだったので、図書館から借りたのですが、旅行にでかける前から描かれているので、乗る前のドキドキ感も楽しめます。子どもよりも私がはまり、いつか寝台車で旅行したいと思いました。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族みんなで

    くまたくん一家がブルートレインに乗るお話です。
    おかあさんのお誕生日のプレゼントというのがまたいいですね。
    きっとくまたくんの心の中にステキな思い出となって残ることでしょう。
    今では東京発のブルートレインは全廃されてしまったので
    娘が大きくなる頃にはすっかり過去の乗り物になってしまうかもしれませんが、
    絵本の中だけでもこれからの子供にもその良さが伝わるといいなと思います。
    鉄道大好きな主人もとても楽しそうに読んであげていました。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくドキドキ♪

    電車が好きな息子に読んであげようかな?と思って借りてきました。
    ブルートレインなんて知らないだろうなぁ。電車で寝るって知ったらびっくりするだろうなぁ、とちょっとワクワクしながら…(笑)

    読み始めると、上の子も下の子も大喜び♪
    電車にベッドがあったり、トイレがあったり、初めて知る電車に興味津々!
    読んでる私も、まるで一緒に旅行をしているかのような気持ちになって、ドキドキしました。

    このお話ってシリーズだったんですね^^
    ここで初めて知りました。
    他の絵本も読んでみたいと思います♪

    掲載日:2008/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしい電車旅

    電車好きのお子様にはたまらない1冊です。

    ブルートレインにのって、旅行にいくくまたくん一家。
    ホームの様子、寝台列車の中、電車の音。
    どれもわくわくする気持ちがよくわかります。

    お母さんの誕生日に、こんな旅行をプレゼントするなんて、お父さんも素敵です♪
    母親にとって一番のプレゼントは、ご飯も用意しなくていい据え膳上げ膳の1日だもんね☆


    この絵本を読んでいると、電車の旅に連れて行ってあげたくなります。
    それくらい子供が夢中になって何度も何度も読んで〜!と持ってきます。

    掲載日:2008/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なプレゼント

    くまたくん一家がブルートレインに乗って旅をします。
    設定は「熊野」から「熊森」までということですが
    上野から青森までの寝台特急を想定しているようです。
    途中の描写もとても細かく、
    寝台の中でのお客さんの様子もとてもリアルで
    (女子大生のグループ風やおっちゃんの集団やしゃべりのおばちゃんや)
    思わず笑ってしまいます。
    なにより素敵なのは、この旅がお母さんの誕生日プレゼントだということ。
    お母さんのせりふで「今日から食事の支度しなくていいんだわー、うれしい」というのは
    この旅がうれしい、一番の理由かもしれませんねー。

    掲載日:2008/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 丸暗記寸前です

    設定はは2〜3歳の男の子がパパとママと一緒にブルートレインに乗るというものです。
    2歳頃の男の子のほとんどが興味を持つ「電車」がでてきます。それだけでも息子はおおはしゃぎ!「でんしゃだ!JRのでんしゃだ!」と叫んでます。電車が大好きな2歳の息子にはぴったりだったようです。
    そして,ブルートレインは夜中に走るので電車の中で「お泊り」するんです。息子はじぶんがジジババの家で一人で「お泊り」したことを嬉しそうに喋ります。
    登場人物の「くまたくん」は寝る前には歯を磨いておしっこをして、朝は起きたら顔を洗います。子供たちがみんな現在がんばって取り組んでいる毎日の日課ですよね。「これは使える!」と思い、歯磨きを嫌がる息子に「くまたくんはきちんと歯を磨いて寝たよ〜」と納得させることが出来ました。
    もう一つ子供の興味を引いたのは薄暗い夜中に走る電車の姿と星明りの下の暗い風景です。イラストを見て子供にはいろいろと感じるものがあるようです。「ほし!」とか「まっくらだね〜。」とか「こ〜わ〜いで〜〜〜」「おばけくるよ〜」「みんなネンネ!」と言っては毎回じっと見入っています。暗闇に対する恐怖を感じてるのか?それとも、星空の美しさに惹かれているのかな?
    私はこのイラストの色鉛筆の風合いも好きです。色鉛筆だからこそ薄暗い夜の風景や日の出前に白んでくる空の儚い感じが出てるように思います。今まで子供に読んできたのは単純な色調のくっきりしたイラストが多かったのですが、子供には色鉛筆や水彩、あぶらえ、パステル、砂などなどいろんな方法で描かれたものを紹介してやりたいです。長くなりすみません。。

    掲載日:2006/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親近感がわいてきました

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、男の子5歳

    この前、電車で旅行をしたせいか、思いのほか興味を示しました。
    私たちが乗ったのは、寝台列車でもないんですけどね。
    でも、きっと、今こういう旅行をしたら、こんな感じになるんじゃないかな、と思いました。
    くまたくんが、うちの子たちに見えて、とても親近感がわきました。

    それと、お母さんの誕生日に、旅行をプレゼントしてくれるお父さんが、少し羨ましかったりして。(笑)

    掲載日:2006/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 2
  • 3歳 4
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 0

全ページためしよみ
年齢別絵本セット