あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

しっぽをぎゅっ」 みんなの声

しっぽをぎゅっ 作・絵:福田 岩緒
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784577035009
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,861
みんなの声 総数 4
「しっぽをぎゅっ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白い

    1歳の娘と一緒に読みました。表紙のちょっと悪そうな男の子の顔がなんとも良い味が出てて私は大好きです。しっぽを握るといろんな動物の鳴き声が。とても面白いです。しっぽの特徴を現す擬音語も沢山使われていて言葉のお勉強にもなります。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぎゅっ!

    おさるのジョジョが主人公の「ぎゅっ」という作品も好きですが、こちらの「ぎゅ」も好きです。昭和の子っぽい男の子がなんともいえませんね。この本を見てから何かをつかむときは「ぎゅ」と言う言葉が口癖になりつつある我が家です。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽの触感

    ネズミ、ネコ、犬、豚など、動物のしっぽをぎゅっとつかむという、いたってシンプルなストーリー。でも、例えば、「ちょろちょろ」としたねずみのしっぽ、「もこもこ」としたネコのしっぽ、「ふさふさ」とした犬のしっぽといったように、それぞれのしっぽの触感が微妙に違うことをうまく表現されている。おばけのしっぽが「ふわふわ」と表わされている点は、実際に眼にしたことのない人間(私)にとっては面白く感じられた。
    娘の集中力が切れてしまうときは、動物の泣き声を増やし、アレンジして読むと、娘は鳴き声のところで、「ブブブ・・・」と唇を震わせながら、喜ぶ。だから、読み聞かせのときは、つい力が入ってしまう(笑)。

    掲載日:2009/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 福田いわおさん

    以前にも福田いわおさんの作品を読んだ事があり、親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。しっぽがら全体を想像する楽しさを味わえる絵本でした。色々な動物が登場するので楽しく読む事が出来ました。特に最後の展開が福田さんのセンスが光っていて遊び心満載で良かったです。想像力を養える所が良いと思いました。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット