庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ」 みんなの声

龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ 作:田島 征彦
絵:関屋 敏隆
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784835442877
評価スコア 3.8
評価ランキング 29,140
みんなの声 総数 4
「龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 方言の愉快さで、子供も竜馬に興味深々!

    坂本竜馬襲撃の夜、ふすまを開けて逃げたら現代の大阪の家だった!という奇想天外なストーリー。

    社会や歴史で必ず学ぶ坂本竜馬と新撰組の話を、まだ理解できない子供になんとなく教えてあげるにはいい本だと思います。
    小学2年の息子もまだまだ竜馬や新撰組など知りませんが、インパクトのある版画風の絵と、方言たっぷりのセリフで最後まで興味を持って聞いてくれました。
    関西弁はできますが、高知弁はできません。でも、テレビで聞いた記憶を頼りに、「おまんは〜」となりきって読んであげました。すると面白かったらしく、後で子供たちがマネをしてセリフを繰り返していました


    難しい歴史なども、こうやって絵本から興味を持ってくれればと常々思っているので良い本に出会えたと思います。

    でも、「中岡はどこぜよ〜」と言いながら大阪の街をウロウロし、最後は テレビの中に入っていくというのはかなり突飛ですけどね(^^ゞ

    掲載日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイムスリップ

    最近、田島征彦さんの講演をお聞きする機会がありました。

    それで知ったのがこの本。借りて来てみたら、田島さんは絵ではなくって文のみですが、お話と読み聞かせをしてくださった田島さんの口調が蘇って来ました。

    ストーリーも版画の絵もとても力強く個性的です。新撰組の時代からタイムスリップして来てしまった男。

    中岡つながりで結びつく、中岡のおっちゃん。仮に新撰組の時代の人がタイムスリップしてきても、こんな風にテレビの見過ぎ的な扱いを受けるのでしょうか?

    登場から終わりまで「あれ?」と思っているうちに終わってしまう不思議な話です。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田島征彦ワールド

    坂本龍馬が現代の大阪にタイムスリップ。
    口調といい、奇想天外な発想といい、「じごくのそうべえ」シリーズの田島征彦さんならではの展開で大いに楽しめます。
    絵を自分で描いていないので、少し違和感を覚えたのですが、内容は確かに「そうべえ」の世界です。
    高知弁ととぼけたやりとり、テレビに戻っていくと「つづく」の表示。
    本当に続きを期待したくなるような絵本でした。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 竜馬好きにはたまらない!

    • みきけいさん
    • 40代
    • せんせい
    • 大阪府
    • 男の子15歳、男の子13歳、男の子7歳

    空前の龍馬ブームに乗って、読んでみました。
    子どもにはちょっと読んであげるのが難しいかなと思います。
    大阪弁は完璧な私も、土佐弁はさすがに上手くいかず、竜馬のイメージを壊しそうなので、子どもにはまだ読んでいません。

    それでも、龍馬の最後のシーンにちゃんとつながっていて、絵本なんですが、大人向け、あるいは龍馬好きの子ども向けかと思いました。

    途中の街中を歩いている龍馬の姿を想像すると、面白いです。
    中岡のおっちゃんも意気投合して面白いです。

    この本を子どもに楽しく読んであげれる自分になりたいと思いました。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / にじいろのさかな / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / たまごにいちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット