だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

小さな魔法のほうき」 みんなの声

小さな魔法のほうき 作:M.スチュアート
絵:赤星 亮衛
訳:掛川 恭子
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\2,400+税
発行日:2006年
ISBN:9784835442341
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「小さな魔法のほうき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とても読み応えがありでした

    昔の本の復刊なので、前半の描写が丁寧でなかなか本題に入らないのですが、最後まで読み聞かせしてみたら、とても読み応えがありでした。

    魔法、ファンタジーというとやはりイギリスだなあと思いました。

    とてもとてもおもしろくて、終盤は息子よりも私の方が先が知りたくて読み聞かせに熱が入ったぐらいです。

    一人で読むなら中学年以降でしょうか?

    市の図書館ではなぜか?ヤングアダルトの棚にあり、小学生の子たちに読んでほしい上質なファンタジーなのにとても残念で仕方がありません。

    内容ですが、夏休みに大おばさまの家に預けられた十歳のメアリー。

    何もない退屈な日々を過ごすものと思っていたら…。

    冒険要素もあって、最後の方は手に汗握るという感じでとても楽しめました。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット