おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

とんぼとりの日々」 みんなの声

とんぼとりの日々 作:長谷川 集平
出版社:復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2014年06月
ISBN:9784835451015
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こどもの世界

    あ〜長谷川さんの絵本・・・
    好きじゃない・・・
    だけど、とっても気になる作家さんです

    とんぼ捕り

    しました
    網でとるのは簡単なので
    手でとる方が、おもしろかったです
    家の周囲に
    とにかく、いっぱい飛んでいたし
    日当たりのいい所や
    垣根?の竹の所とかにいっぱい止まっていたし
    いとこや先輩方に
    木綿糸をつけてもらって・・・
    つゆくさを食べさせたり

    でもしっぽが切れたりするのが
    かわいそうで

    そんなことを思い出しながら
    こどもって、残酷なこととは
    思ってないんだよね、きっと
    とか

    転校生との関わりが
    おもしろいです
    最初から
    がっつりと大阪弁で
    転校生も、ど〜んと薩摩言葉に
    とんぼのとり方もすごい!!

    なのに・・・

    最後が、\(◎o◎)/!

    やっぱり・・・

    長谷川作品なので
    きれいな(^^ゞ
    大人の都合のいいお話でないことは
    予想していましたが

    う〜ん

    今時の男の子達には
    どう感じるんだろう?

    お母さん達は?

    世代によって
    感じ方が違うかもしれませんね

    トンボだけでなく
    昆虫類も減っているからなぁ・・・
    と、自然と遊びの関係も考えちゃいました

    掲載日:2014/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • すとんと、心に落ちる絵本。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    トンボを捕まえるのが苦手な少年二人。

    ほかの子達のように、トンボの羽をむしったり、アタマを取ったりしてみたい!
    でも、一匹も捕まえられない。

    ある日、転校してきた少年が、捕虫網ではなく不思議な道具を作って、
    あっという間に大きなトンボを捕まえてくれた!

    羽むしろうか!アタマ取ろうか!!ワクワクした。
    でも、間近に見ると、トンボって可愛い。
    可哀想だ、逃がしてやろう。

    『 ・・・・・ トンボは嬉しそうに大空を飛んで行きました』

    そんな終わりを想像しつつ、ページをめくると、、、


    子どもは遊びの中で、無邪気で可愛く優しい一面もあれば、
    容赦のない残酷さを垣間見せることがありますね。

    この絵本のように、昆虫の羽をむしったり分解してみたり。
    アリを踏みつぶしてみたり、ダンゴムシを水につけてみたり。

    どうしてそんなことをするの?
    命を大切と思わないの?うちの子は残酷なのか・・・
    男の子のお母さんなら、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

    そんな長年の心のつかえが、すとんと落ちた絵本です。

    長谷川集平さんが、この絵本で教えてくれました。
    思い出させてくれた、のかもしれません。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おかえし / うみへいくピン・ポン・バス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット