ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ゆめからゆめんぼ」 みんなの声

ゆめからゆめんぼ 作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1993年
ISBN:9784265916566
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夢?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ゆめだけではなく現実もおかしなことが起こるようになるところでは主人公の則安くん同様になにがゆめでなにがゆめでないのか、全部ゆめなのかわからなくなってきました。
    ゆめを見るのはゆめんぼが配っているなんて面白いですね。
    私にもどうせなら怖いゆめではなくていいゆめを届けてほしいなー。ゆめは平等に届くのかな。

    掲載日:2014/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小2には楽しいらしい

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    今、息子がはまっているシリーズです。
    十円ヤスと呼ばれてる畠山くんが巻き起こすふしぎなお話です。

    日記や新聞に書いたことが本当になる。というシリーズ。
    今回は夢に見たことが、ゆめんぼという生き物によって本当になります。

    この話を読んでるときは、息子はすごく楽しかったようで
    「お母さん、ゆめんぼが本当にいたらどうする?」とか
    途中のお話でわかりにくい言葉があるとストーリーまで含めて私に話してくれました。
    同じシリーズの別の作品の影響で、うそ新聞を書いたりしてます。
    そのなかにはゆめんぼも出てきたりしてるので、彼の中ではすごく影響力のある作品のようです。

    なかなか本を読まなかった息子が、やっとはまってきた児童書の世界なので、でもどうせはまるならもう少し違ったものを読んでほしい気もしますが、
    こういう作品を等身大の感覚で楽しめるのも、今の年代ならではと思って見てます。
    本を読み楽しめることが一番大事ですから。

    掲載日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • もし夢が本当になったら?

    息子が今いちばんはまっているのが矢玉四郎の本です。

    毎回、奇想天外なお話で楽しませてもらっていますが、今回は夢のお話です。
    「もし夢が本当になったら?」ということは考えますが、なるべくそれは良い夢であってほしいですよね。

    ガチャガチャのカプセルに、吸いこまれてしまうところは、少し怖かったです。お話に出てくる夢のような目には遭いたくないけれど、傍観者的に見ている分にはおもしろいかもと思いました。

    息子は、どうなるのか予測がつかないので、とにかく本から目が離せないようでした。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット