もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

モモちゃんとアカネちゃんの本(4) ちいさいアカネちゃん」 みんなの声

モモちゃんとアカネちゃんの本(4) ちいさいアカネちゃん 作:松谷 みよ子
絵:菊池 貞雄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1978年
ISBN:9784061192348
評価スコア 3.75
評価ランキング 30,082
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 離婚と母子家庭

    このシリーズのこの絵本だけ親戚からもらい、2ヶ月程前から読み聞かせを始めました。
    正直、少なくともこの絵本からはお勧めできません。
    何と言っても、テーマが離婚と母子家庭・・・何故子供の絵本なのに、と思ってしまいます。
    特に、死神の話は重過ぎて、読むこちらの方が嫌になりました。
    後から知りましたが、作者自身の体験をそのまま投影したのだそうですね。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさいモモちゃんの顔

     娘が3歳の誕生日を迎えてすぐに読み始めた「モモちゃんとアカネちゃんの本」。
     あれからゆっくり、ゆっくりと、シリーズを読み進め、モモちゃんといっしょに大きくなっていった娘でした。
    そして、モモちゃんと同じ2年生になった娘・・・モモちゃんを見ていると、本当に大きくなったんだなあ、と実感します。今ではアカネちゃんが「あのころ」のモモちゃんと同じ年頃になりました。

     モモちゃんとはまったく違ったスピードで成長していくアカネちゃん。なんだかアカネちゃんの成長は、モモちゃん以上に「あっという間」という気がします。
     そんなアカネちゃんを、「おねえちゃん」の立場で見つめている娘の瞳には、幼い日々を懐かしむようなゆとりと共に、ある種のさみしさも入り混じっているように見えます。
    妹のようにかわいがっている従妹が、ちょうどアカネちゃんと同じ2歳になったばかりなので、「○○ちゃんみたい」と、その子のことを思い浮かべたり、自分自身の小さいころを思い出したりしながら、現在と過去の間を行ったり来たりしているような表情に、過ぎていった月日の長さを感じました。

     最後の章「タッタちゃんとタアタちゃんのおわかれ」を読み終えた後、目に涙をためてうつむいていた娘に、
    「Jにもそういうお友達がいた?」と聞いてみました。
    (タッタちゃんとタアタちゃんは、アカネちゃんが赤ちゃんの時にはいていた靴下ですが、言葉も心も通じ合える大切なお友達です)
    「うん、いたと思う。”でんでん太鼓“とか・・・。でも、どこかに行っちゃった。」と、寂しそうに答えました。
    「まだちゃんとしまってあるよ」と言うと、安心してにっこり微笑んだ娘に、「ちいさいモモちゃん」の顔が重なりました。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • どきどきする物語

    • 赤きゃみさん
    • 40代
    • その他の方
    • 山口県
    • 女の子6歳

    ありえない登場人物(?)と重いテーマ、
    ほのぼのした日常とメルヘンチックなストーリー、
    それらが混ざり合っているのに、
    全てがなんともいえず自然に染み込んでくる心地よさで、
    やみつきになります。
    小さいころ確かに感じたことのある想いを
    お盆に載せて出されたような。
    なんでだろぅ。
    文体?リズム?
    読むほうもそう感じているので、
    聞いている子は尚一層世界にひきこまれているであろう
    ことが実感できて、素敵です。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わすれられないおくりもの / おじいちゃんがおばけになったわけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ? 一年生って何するの? 新入学の親子を応援するガイド絵本。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット