うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

モモちゃんとアカネちゃんの本(6) アカネちゃんのなみだの海」 みんなの声

モモちゃんとアカネちゃんの本(6) アカネちゃんのなみだの海 作:松谷 みよ子
絵:伊勢英子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1992年
ISBN:9784061335141
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 娘の成長と共に

     娘が3歳になったばかりの頃から、ゆっくり、ゆっくりと、時間をかけ、娘の成長に合わせながら、大切に読んできたシリーズ。
    モモちゃんとアカネちゃんのお話も、ついにこの巻で完結です。

     モモちゃんは、中学生になり、アカネちゃんは、ちょうど娘と同じ小学2年生になりました。最後の章の題名どおり、本当にみんな大きくなりました。
    「アカネちゃん、2年生なの? あんなにちびっこなのに!?」と、
    アカネちゃんのことを“生まれたときから見てきて”、自分の妹のように思っていた娘は、お姉さん顔で言いました。
    「モモちゃんは、中学生になったんだね。ちょっと悔しい・・・。だって、ずっといっしょに大きくなってきたのに。1年生のときまでは、いっしょだったのに・・・」
    娘にも、複雑な思いがあるようです。

     でも、物語と共に成長できるって、本当にしあわせなことですよね。そういう本に出会えたことを、親としても何よりの喜びに感じますし、このお話を書いてくださった松谷さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。

     あとがきも、娘といっしょに読みました。このシリーズが完成するまでに、30年もの歳月が流れていたんですね。
    本当は、娘よりも、ずっとずっと年上だったモモちゃんとアカネちゃん・・・でも、私の中では、これからも私の子どもと同じ存在でいてくれることでしょう。

     モモちゃん、アカネちゃん、ありがとう。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぐんぐんいっしょに成長したよ

     私は、「アカネちゃんのなみだの海」を読んで、少しさみしかったです。

    私とモモちゃんは、ずっといっしょにせいちょうしてきてました。
    私が3さいだったとき、モモちゃんは3さいでした。
    私が1年生になったとき、モモちゃんも1年生でした。
    私は、今、小学2年生です。でも、モモちゃんは、中学生だなんて、びっくりしました。
    いっしょにせいちょうしてきたのになあ、とわたしはがっかりしました。

     私は中学生になったら、また「アカネちゃんのなみだの海」を読もうと思います。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • つらい話もあるけど・・

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    とうとうこのシリーズの最終巻。
    悲しいお話があるのは知っていたので、読みたいような読みたくないような・・複雑な気持ちで手に取りました。

    冒頭は、アカネちゃんと懐かしいお友達(靴下のタッタちゃんタァタちゃん)との再会にキューンとします。
    そして小学生になったアカネちゃんの成長ぶりとともに
    わきあがる悩み・・どうしてうちにはパパがいないんだろう???。
    そのことで学校でいじめられ、それを乗り越えるお話。
    仲のよいマコトくんのお話もあります。
    お友達や社会とのかかわりの中で、ひとつひとつアカネちゃんが
    自分のこと家族のことを思い、成長していくのが分かります。
    そしてパパの死・・。

    松谷みよ子さんはこんなにも難しいテーマを、死に神やクジラや
    クマさんなどを巧みに登場させて、ふんわりと、しかしよけいにリアルに迫るお話にまとめました。
    ものすごい手腕だなぁと思わされます。

    そしてこれは実際に松谷さんのご家族のことで、お子さんたちの
    ために書かれたお話だからでしょうか。
    「書かなければいけなかった魂のお話」と思いました。
    生まれる必然性のあったストーリーなのです。きっと。
    読みながら大人は心をぎゅっとわしづかみにされ、その横で
    息子はユーモアあるエピソードにころころ笑いながら楽しんでいる。
    すごいお話を松谷さんは書いてくれました。

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    1

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのにちようび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット