もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ミルキー杉山のあなたも名探偵 5 そんなわけで名探偵」 みんなの声

ミルキー杉山のあなたも名探偵 5 そんなわけで名探偵 作:杉山 亮
絵:中川大輔
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:初版:1998年04月
ISBN:9784033451909
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,042
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白い!

    8歳長女が大好きなシリーズです。

    今回もミルキー杉山が3つの事件の謎を解くんですが、解答編と別になっているので、もう一度戻って考えることができるのが、とってもいいです。

    なかなかだれが犯人かわからないのですが、解答を読むと「なるほどー」と感心します。毎回私も子供と別に読むのですが、子供の方がやっぱり解けますね・・・。

    掲載日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怪盗ムッシュ編が面白い

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子4歳

    名探偵シリーズにハマっている8歳の息子と読みました。

    今回は
    『だんろのつりばり』 
    『どろぼうおばけ』 
    『怪盗ムッシュふたたびあらわる』の3編で、
    嬉しかった息子。

    2編より3編の方がお得な感じがするみたいです。

    『だんろのつりばり』では、息子の推理もいいセンいったものの、
    解答が間違っていて、ミルキーの勝ち。

    『どろぼうおばけ』も、ミルキーよりはいいセンいったものの、
    解答までたどり着けず、ミルキー娘の勝ち。

    最後のムッシュ編は、私でも、なるほど〜と思うくらい、
    いい種明かしでした。さすがたつ子。

    でもやっぱり難しい事件はたつ子頼みだな。
    保育士と探偵の職業入れ替わったらどうだろうね、なんて
    息子と二人で話しました。

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気楽に読める探偵もの

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳の長男が最近一人で読んでいるシリーズです。

    各ページに絵がふんだんに載っている上に、1冊に3つの事件が収められており、さらに事件と解答の2部分に分かれているので、テンポよくあっという間に読めます。

    よく読んで絵を見れば分かる事件なのかどうかは疑問ですが、解答はそれほど無理があるものでもなく、なんだか身近な事件のような気がしてきます。

    長男は、「わからないよ〜」と言いながら次々と読んでいます。私も長男に続いて読みましたが、唯一「怪盗ムッシュふたたびあらわる」のヒント、熱帯魚の絵を持ち出す場面と、美術館の館長の写真の眼鏡だけは気づいたものの、答えはひとつもわかりませんでした。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 探偵ものブーム

    このシリーズ、何冊か読み聞かせをしているのですが、すでに内容を忘れているようで、最近息子が一人読みしているのはこの本が多いです。

    このシリーズを読んだせいか「ムジナ探偵局」にも興味を示し、今の息子は探偵ものシリーズブームです。

    どことなくとぼけた印象のあるミルキー杉山。絵の感じからなのかあまりやり手な感じには見えません。

    厚みのある本なのに文章少なめ、絵はふんだんとしいうことですぐに読めるからということも読みたくなる理由の一つのようです。

    時々出てくる別れた奥さん。奥さんの方がやり手のように見えるというのがおもしろいですね。

    あまり読書好きでないというお子さんにも読みやすい本だと思います。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘も読み出しました!

    息子が図書館から借りてきてから、私もすっかり
    はまってしまったこのシリーズ。
    とうとう娘も読み出しました。

    今回は3つの事件が収録されていて、
    なかでも、ちょっと子供がいたずらしそうな仕組の
    「だんろのつりばり」事件が気に入った様子の息子。
    ちょっとしたヒントも見逃さないように目を光らせながら
    読んでた息子の姿が笑っちゃいましたが、
    猫が自由に出入りできるように設けた、ちいさなドアの
    存在がとても気になったらしく、「ん〜、わかったかも?」
    と、にやりとしたり。
    この事件のトリックは息子が毎日してる実験のようで
    「オ〜、すごい!」と、解答編を読みながら、感心してました。

    また、その他の2つの事件もおばけやしきが出てきたり
    またまた怪盗ムッシュがでてきて大暴れしたりで
    おもしろいトリックなども満載ですごく、読み応えのある
    事件ばっかりでした。

    掲載日:2008/10/04

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 2
  • 7歳 0
  • 8歳 3
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 0

全ページためしよみ
年齢別絵本セット