貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ちびとらちゃん」 みんなの声

ちびとらちゃん 作:リブシェ・パレチコヴァー
絵:ヨゼフ・パレチェク
出版社:アットアームズ
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784903116006
評価スコア 4
評価ランキング 24,196
みんなの声 総数 1
「ちびとらちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 我が家のちびとらちゃん

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    雑誌の記事でヨゼフ・パレチェクの特集を読み、私の好きな絵だ!!と一目ぼれして本を探したところ、この絵本に出合いました。

    怖がりのちびとらちゃんが、勇気を探すたびにでるものの、なかなか上手くいきません。でも病気になったお母さんのために、雷雨のとどろく真夜中にお医者さんをよびに出かけます。

    大好きな人のためなら何でもできる、それが勇気なんだということを教えてくれたちびとらちゃん、少し成長したちびとらちゃんですが、最後にお母さんに甘えている姿はとっても愛らしくかわいらしく、なんだかホッと温かい気持ちになりました。

    うちの息子も気が弱く、怖がり(新しいことに挑戦するのが不得意)なので、ちびとらちゃんをまるでわが子を見るような感じで読みました。息子自身はそんな親の思いも知らず、物語の中でもハプニングにとってもドキドキしながら、最後のハッピーエンドで、「ちびとらちゃん、えらかったね。よかったねぇ。」と安心していました。

    これまでは、息子に、何でも怖がらずにどんどんぶつかっていくくらいの強さを身に着けて欲しいと思っていましたが、この絵本を読んでからは、息子には、あせらずゆっくり、でも自分で大事だなと思えることだけは、挑戦していって欲しいなと思えるようになりました。そしてママはいつでも見守ってるからねということをちゃんと伝えてあげたいなと思います。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】木村カエラはじめての絵本出版記念連載B

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット