しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おうじょさまのぼうけん」 みんなの声

おうじょさまのぼうけん 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:石井 登志子
出版社:フェリシモ出版
本体価格:\1,524+税
発行日:2002年04月
ISBN:9784894322653
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,364
みんなの声 総数 18
「おうじょさまのぼうけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おとぎ話のよう

    王女のセサレットは、空色の服がよく似合う可愛らしい女の子。
    ある日王女さまは、王さまと犬のペレと一緒に森へ散歩に出かけます。
    そこでやさしいクマに出会った王女さまは…?

    なんだか少し物足りない、静かで短い冒険でしたが、王女さまにとっては大冒険!
    だってクマの背中に乗ったんですから!

    クマと別れて少し寂しそうなセサレットでしたが、王女さまはこれからちょくちょくお城を抜け出しては、クマに会いに行くんだろうなぁと想像したら、微笑ましくなりました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おうさまは おうじょさまのことがかわいくて 門も外の御散歩に
    おうじょさまは ワクワク ウサギに出会い 追いかけるイヌのペレ
    王様も 木の上のツグミに見とれています ツグミの歌がすばらしかったのです

    一方セサレットは森の中で大きなクマにであって 背中に乗せてもらいます
    とってもいい顔で
    王様はビックリしましたが・・・・

    クマをお城に連れて行きたいと思うのですが・・・
    でもクマは断ります
    クマは森の住人で森から外へ出て行きたくないのです
    お話しはおうじょさまのぼうけんとありますが もっとドラマがあるのかな?と期待しました 
    優しいおはなしで森のなかの動物たちの生活ぶりが楽しそうです

    しげみの中のウサギは7人の子どものお父さんだったのです
    ほのぼのします

    家族の幸せは!

    掲載日:2013/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出会えて良かった!

    エルサ・ベスコフの絵本に出会えて良かった!

    この絵本を読んで、ベスコフが大好きになりました。
    優しい色彩と柔らかい線のイラストは、
    その世界にとてもマッチしていて、読んでいると心が落ち着きます。

    タイトル通り、王女様の小さな冒険のお話なのですが
    動物を含め登場人物全てが愛嬌があって、なんだか愛おしい。

    髪の毛の短い王女様は、珍しいと思います。
    おてんばな雰囲気が良く出ていて、とっても可愛いです。

    本当に、この絵本に出会えてよかったです。

    掲載日:2013/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいく元気なおうじょさま

    ベスコフに興味を持って購入。
    ほのぼのしていて好きな作品です。絵がきれいです。
    王女様がかわいく元気、王様や熊とのやり取り等もほほえましくて素敵です。
    元気に熊にまたがっている姿がお気に入りです。熊にまたがるというと金太郎を想像してしまうかもしれませんが、この王女様は上品な感じなとてもかわいい王女様です。元気だけど上品という王女様のキャラも私が気に入った要因の一つになってます。
    将来的に娘に読んであげられるといいな。
    繰り返しになりますが本当に絵がきれいなので他の作品もぜひ読んでみたいと思います。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいセサレット

    おうじょさま、セサレット。
    くまが森の中でセサレットに出逢った時、そのかわいらしさに
    びっくりしてしまいましたが、私も読んでいてびっくりしてしまいました。
    ほんとに愛らしいのですもの。小さな女の子らしい好奇心や行動力だけで
    なく、お髪や肌の感じ、着ているワンピースも上品でとても素敵でした。
    とはいえ、娘は、おうじょさまやおひめさまにはまだまだ興味がないようで
    (もしかしてずっと興味を持たないままいくのかな?)、セサレットに
    魅力は感じていなかったようですけれども。

    掲載日:2011/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おてんば王女さま

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    「ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん」に引き続いてベスコフ作品を読みました。
    同じ冒険ものでも、こちらは好奇心旺盛でちょっぴりおてんばな王女さまが主人公。
    娘に振り回されながら嬉しそうな王さまと、二人で仲良く散歩をする姿が微笑ましいです。
    ツグミの歌に聞きほれて娘を見失ってしまうのんびりした王さま、きっと優しいお父さんなんでしょうね。
    優しいタッチの絵とほのぼのストーリーがマッチした美しい絵本でした。

    掲載日:2010/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の日常?!

    親子で大好きなベスコフの絵本。おうじょさまの年齢も、やんちゃで好奇心旺盛な性格も、娘と重ねて読むのにぴったりのお話です。

     いたずらっぽい瞳の愛らしいおうじょさまと、「とても つよくて ちょっぴり ふとった」王様・・・並んで歩く姿は、まるで娘とパパのよう! そして、ペレという茶色の犬にも、我が家の犬を重ねてしまいます。(ペレの10倍はある犬ですが!) うちの「おうじょさま」と犬も、散歩に行くたびに、こんなふうに、どちらかがどこかに走っていってしまったり、何か見つけて小さな「事件」を起こしたり・・・。

     ドッシーン!と、クマに体当たりしていったペレも、そのペレをしっかりと抱きかかえたクマも、本当に微笑ましく、娘のお気に入りのシーンです。そして、クマの背中に堂々とまたがるおうじょさま。「ホップ、ホップ、クマちゃん!」・・・娘もやりそうだなぁ、と想像しながら読みました。

     門の鍵をなくした王様が、おうじょさまを肩車して塀を越えるシーンにも大笑い。5時の夕食の鐘が聞こえたので、心配して迎えるお妃、あわてて走る王様とおうじょさまの後姿。これも我が家の日常そっくりで、思わず顔を見合わせて笑ってしまいました。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王女様の服装が、ドレスに見えない…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    下の子は最近ベスコフの作品にもハマっています。
    要するに可愛くて、背景にまでこだわりがある素敵な絵で、楽しい話が好きなんです。

    このお話の王女様は、私の想像していたヨーロッパの王女様より服装が簡素な感じがしましたが、
    もしかすると、ヨーロッパの昔話に出てくる王様やお姫様は、
    日本にあてると江戸時代の各藩主の「殿」や「姫」くらいのものなのかもしれませんね。
    この絵本の主人公セサレット王女様なんかの着ているみずいろの服は、ドレスというより、よそいきのワンピースといった感じでしたもの。

    大人が読むと、冒険というほどの冒険ではありませんでしたが、小さな子どもたちが読んだらドキドキするんでしょうね〜。
    幼稚園くらいから、小学校低学年くらいのお子様(特に女の子)にどうでしょうか?

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王女様

    王女様も一人の女の子だなあって思いました。でも小さいながらどこか気品があって立ち振る舞いはどこか違って見えるのは、王女様のお洋服のせいでしょうか?森の中では、見るものが新鮮で貴重な体験をされて良かったと思います。さすが、王女様です。「ペレ、クマさんと遊んでいたの?心配したわ。」クマを怖がらないから、クマさんも王女さまと仲良く出来るんだと思いました。愛くるしくて可愛い王女さまにクマさんは、見とれていたんですね!人を疑わない王女様に人の付き合い方を学びたいと思いました。えばらない王女さまをお手本にしたいと思いました。

    掲載日:2009/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • やわらかできれいな絵が特徴です

    海外作家さんらしく、登場するのは王様と王女さまです。やわらかな色彩にとても惹かれたようで、子供が選んだ本です。王様は、娘のセサレットとお城の中を散歩していたのですが、そのうちお城の外の森を散歩したいと言い出したセサレット。仕方なく森の中へ入っていくのですが、そこで不思議な冒険が始まります。子供は威風堂々とした王様が、困って耳の後ろを掻いてるところがおもしろかったようです。それに、クマが本格的な絵で描かれてるのに、お友達になっていたり、王様もクマに話しかけたりと不思議な感覚になります。クマ=襲われるから逃げるという感覚のある大人からは考え付かない内容でしたが、子供は気に入って何度も読んでと催促しました。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット