だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

せんをたどって いえのなかへ」 みんなの声

せんをたどって いえのなかへ 作・絵:ローラ・ユンクヴィスト
訳:ふしみみさを
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784062830119
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,042
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ゲーム絵本です

    一本の線からここまで挿絵がかけてしまうのはすごい!
    その一言につきる絵本です。
    線をたどって、家の中に。
    その場所場所の質問に答えたりするゲーム感覚的な要素が
    わが子にはとっても好評でした。
    そして最後までいった!と思ったら、
    そこから各ページの間違い探しの開始。
    さらなるゲーム的な広がりがあり、
    息子はかなり喜んでいました♪
    ゲーム絵本が好きなお子さんには面白い絵本だと思います♪

    掲載日:2008/06/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 家の中の色々を線で

    このお話は、色々な部屋や物を線でたどっていくお話でした。この絵本に載っていた家の中がちょっと外国風だったので、自分の家とは違った感じで興味津々で見ていました。毎回このシリーズは、一本の線が切れることなく最後まで行くのですが、その細かさに子供は興味をそそられているみたいです。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • せんをたどって探検隊

    「せんをたどって」シリーズ第2弾。
    前回の画法が、家の中をテーマとしてのびのびと描かれています。
    せんをたどって、家じゅう廻れば、家の中でさまざまな発見があります。
    見方を変えるとナット楽しい世界でしょう。
    ハイグレードで、ポップな絵本。
    楽しく読み返しています。

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人差し指で・・・・

    なかなか一指し指で、線をたどっていくのが難しい孫ですが、結構お気に入りでした。ゲーム感覚な要素もあって大人でも楽しめる絵本だと思いました。家の中の探検が面白くて、全部屋を見せてもらったみたいで嬉しかったです。ハウジングセンターに行ったみたい?家具、調度品も見せてもらった?感じが気に入ってました。表表紙、裏表紙まで楽しめました。

    掲載日:2012/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • しゃれてるなぁ〜♪

    表紙からすでに始まっている一筆書きの一本線をずーっとたどりながら
    家の中を探検します。

    とってもおしゃれなで憧れる欧米風の室内です。

    はじめは、線を辿ることに専念するのか、本を読むことに専念するのか迷ってしまいますよ。

    じっくり楽しめるアートな絵本です。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ブーム再来

    「せんをたどって」のシリーズは、次女が前から大好きな絵本でした。このシリーズに新しく「せんをたどって
    がっこうへいこう」が出て、先日そちらを読みました。するとやはり前作たちを思い出して、本棚から引っ張り
    出し、姉弟3人でせっせとせんをたどっています。
    この「いえのなかへ」は身近なものがたくさん登場するので、シリーズの中でも特に親しみやすい気がします。
    おしゃれな家の中を見せてもらって、本を閉じる頃には大満足。住んでいる人を想像したりするのもまた楽しい
    です。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 間違い探しで盛り上がりました

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。線をたどっていくといろいろなものを模っていき、その過程は家の中の様々な部屋や部屋の中を通っていきます。あまり細かく息子と線を丁寧に追いかけたというよりは、部屋や部屋の中を楽しんだ、という感じですね。というのは、取り上げられている家があきらかにアメリカのうちみたいなので、日本の家と同じではなく、置いてあるものやあるべきものが違うのが面白いのです。そういう文化の違いを楽しむという楽しみ方もあります。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいかも・・・

    読んであげてる私がはまりました。

    きっかけは、家の中のものが

    いっぱいでてくるので

    『これはなぁに?』なんていいながら

    楽しもうと思って読みましたが、

    もっと違う意味で楽しめるというか

    ちょっと感動しちゃった。

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一筆書きで家の中を探検

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    『せんをたどって せかいいっしゅう』が面白かったので、
    前作であるこの作品もセレクト。
    表紙から本文、裏表紙へと、一筆書きが続いていきます。
    家の中の探検、ということで、子どもたちにも馴染みのある物があって、
    楽しんでもらえると思います。
    台所、洗面所、子ども部屋などなど。
    たくさんの物の輪郭をたどると、いろいろな発見がありそうですね。
    やはりじっくり、その線の行方を楽しみたいです。
    海外の作品ですから、お風呂場は洋風で、
    シャワーカーテン、トイレも併設、と、このあたりは解説が必要かも知れませんね。
    もちろん、全部の輪郭ではありませんので、そのあたりはゆるい分、
    軽快に感じます。
    それにしても、たくさんの物にびっくり。
    線をたどるだけでなく、ちょっとした探し物ゲームもできそうです。
    ラストの文章を読んだら、もう一度・・・。
    表紙、裏表紙の一筆書きは、訳者の作品でしょうが、
    それも見事ですね。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい読み方

    これって、「ひとふで」??
    あまりに複雑すぎて、
    「うちの子には早すぎたかなぁ〜」
    と思いつつ、指でたどってみせました。
    雰囲気でしかたどれてないものの、
    新しい読み方が新鮮らしく、かなり反応は良かったです☆
    根気よくたどってたし。
    「ひとふで描き」だけじゃなく、
     ”どこにいたかな?″
     ”仲間はずれはどれかな?″
    と別の遊びも用意されてて、かなり大きな子でも楽しめそう☆

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット