雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ビッグ パーン!」 みんなの声

ビッグ パーン! 作・絵:中谷 靖彦
出版社:農山漁村文化協会(農文協)
本体価格:\1,333+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784540072536
評価スコア 4
評価ランキング 18,712
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 意外と深い

    おおきなおおきなパンづくり。
    こねて、ねかせれば、どんどんどんどん膨らんできます。

    勝手に膨らむパンの中では、何が起こっているのか…。
    あんなこと、こんなこと、膨らむ想像に、そんなこともあるかもねという気になりました。

    そしてとうとう、膨らみ続けるパンの中に吸い込まれてしまいます。
    なんと、そこには…!!!

    ものをつくるって、こういうことか。
    いや、人が生きること自体が、こういうことかも…。
    なんか深いなぁ…と思いました。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • イマジネイション

    想像の中のパンがとってもすごいことになっている絵本でした。もっとかわいいパンとかがたくさん出てきそうな表紙だったので、意外なストーリー展開で子供は喜んでいました。子供の想像ってすごい!!って思わせる絵本だと思いました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  •  “ビッッグバン”と読み間違えて借りてきて、なんだパンのお話か〜って読み進めたら、あながち間違いでもなかったようで、うふふでした。

     双子の兄弟ヨーヨーとネーネーは、空に浮かぶ雲のようなパンが食べたいと生地から作りまじめます。
     生地の発酵を待っていたら、どんどん膨らむ生地の中の様子を彼らの豊かな想像力で膨らませ、・・・。
     この双子ちゃんたちの想像が可愛らしくて愉快です。
     しまいには、彼らの頭の中の想像の吹き出しと、パン生地の発酵のもこもこがくっついて、・・・。
     ここからもう一捻り。
     お子さんたちもついて行っちゃうでしょうねぇ〜

     この宇宙には始まりがあって、爆発のように膨張して現在のようになった、とするビッグバン説と上手くリンクさせたお話でした。

     出版社を見て、「農産漁村文化協会さん、やる〜〜〜ぅ!」って唸っちゃいました。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 双子の男の子を生かしたエンディングで

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    絵は可愛いし、発想は面白いし、なかなか楽しく仕上がっていますが、何となく読み手に伝わってくる「これだ〜!!これが言いたいんだ」というインパクトが薄かったように思います。

    特にラストシーン。決して悪くはないのですが、
    有名な「ぐリとぐら」のエンディングにあまりにも似ている気はしませんか?(シュチエーションは違いますが)
    せっかく主人公の双子の男の子たちに名前があるんだから、
    双子ならでは!みたいな終わり方を期待しちゃってました。
    パンが好きな人や、パン作りの好きな人にはいいかもしれません。

    掲載日:2010/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 膨らむ生地の中は・・・

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    食いしん坊の双子の兄弟が大きなパンを作ります。
    生地をこね、発酵させ、膨らむ様子を見ていると二人の想像もどんどん膨らんでいきます。

    膨らんだ生地の中には・・・
    色んなパンでいっぱいだったりして!
    パンのおばけが膨らませていたりして!
    お父さんのおなら・・・では子供たちは好きですね(笑)
    ゲラゲラ笑っていました。
    ・・・と色々な想像するのですが、次第に膨らんだ生地と想像がくっついてしまいます。

    う〜ん・・・
    そこからは正直意味不明でした^^;
    夢があるようなないような。
    想像だけの方がおもしろかったかも・・・。

    掲載日:2009/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット