もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ねずみのルルと おかしのくに」 みんなの声

ねずみのルルと おかしのくに 作・絵:さかざきちはる
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784894235816
評価スコア 3.89
評価ランキング 28,686
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おかしばかりはだめよ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    歳の子がごはんよりもおかし!とまさにこのルルのような感じで困っています。おかしを全く食べるな!とは言いませんけれど、やっぱり…。ルルよりも親の言うことが分かるなー。
    おかしのくにへ行ったルルはおかしばかりでルンルン!?段々、甘いものに飽きてきてしまいます。…うちの子どもたちは正直飽きなさそうな、と思ってしまいました。
    幼いうちは特に最初が肝心なのかな…。地道に注意は繰り返していきたいと思います。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • お菓子は美味しいけれど。。

    現在4歳の娘が3歳の時に,通っていた皮膚科の待合室にあり何度も娘が手に取ってきた絵本です。
    可愛い絵に惹かれたのだと思いますが,ストーリーも子供の好きなお菓子のお話なのでとても興味を持って毎回聞いていました!

    親の私としては,主人公のねずみの男の子が食卓でパパママに怒られる様子,ママの怒った顔つきに何だか共感してしまい微笑ましかったです。
    私もあんな顔でいつも怒っていますから(笑)。

    この絵本の「おかしのくに」のようにお菓子づくしだったら,さすがに「もうお菓子はいらない。。」と感じるかも知れませんね。
    一度うちの娘にも経験させてみせたい(笑)。

    親子で楽しめた絵本でした!

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやつだけ食べていたいこども達に

    ごはんの前に おやつを食べて、おなかはいっぱい。
    好き嫌いだってへっちゃら。
    「ぼくは、おやつだけでいいんだ!」
    そんな ねずみの男の子のお話です。

    このねずみみたいに考えるこども、結構いるんじゃないでしょうか?
    うちの娘も、おやつを食べると、夜はあまりお腹が空かないようです。

    「おやつだけでいい!」
    …その願い、実現したら!?

    「やっぱり、おやつだけってイヤかも…」
    ちょっぴりそんな気持ちになる お話でした。
    おやつだけ食べていたいこども達にオススメです。

    掲載日:2014/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家のよう

    5歳3歳の娘たちに読みました。ねずみのルルがお菓子ばかり食べてお父さんお母さんに怒られるところから物語が始まります。まるで我が家の長女のようなルル。ルルはお菓子の国に行くのですが、お菓子ばかりだと飽きてしまい…。

    長女にもいつも「お菓子ばかり駄目。ちゃんと栄養つけないと駄目だよー。野菜食べないと」と注意していますが、なかなか聞かす…。長女にもこんな経験させないと「お菓子もたまに食べるからこそおいしい」なんてわからないのかな…。

    ちゃんと野菜をいっぱい食べる次女はお菓子の国のルルを見て「こんなにお菓子ばかりだったら虫歯になるよー」と言っていました。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しそう

    美味しそうなタイトルに魅せられたのでこの絵本を選びました。美味しそうなお菓子が沢山登場するのでうっとりしました。好きなだけ甘い物を食べる主人公は幸せだと思いました。物には限度があることを自然と感じられる様な設定が良かったです。食事の大切さと素晴らしさを感じられる絵本でした。簡略化してある絵も見やすくて良かったです。

    掲載日:2009/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキッとする本

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子4歳

    お菓子大好きの我が子たちがドキッとする絵本です。
    もうあと少しでご飯の時間なのに。でも空腹に負けて
    「もう少しおやつ食べたい〜」という娘たちに読ませたい、
    こんな本を待っていました。

    「ごはんなんかいらない、おやつだけでいいんだ」と、
    お菓子の国にやってきたねずみのルルは、やまもりのお菓子を前に
    喜んで食べます。でも水を飲もうとしたら、いちごジュースだし、
    おふろは生クリーム、甘いものはもううんざりに。
    パパとママにごめんなさいとあやまります。

    まじめな顔して聞いていた娘ですが、きっと
    ドキッとしながらも、お菓子の国が少しうらやましい
    んだろうなと思いました。

    かわいらしい絵でなごみます。

    掲載日:2008/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキッ!

    辛いものも好きだけれど、甘いお菓子の大好き人間の私には、「ドキッ!」としました。お菓子の大好きな人に忠告の絵本です。糖尿病を患う私には、やっぱり為になる絵本です。お菓子の国って、夢がありそうでちょっぴり羨ましいです。水を飲もうと思っても甘くておいしい苺ジュースだし、お風呂に入ってさっぱりしようと思ってもお風呂の泡が生クリームでは、やっぱりお菓子の国は遠慮したいです。やっぱり甘いものは、ほどほどにしたいと思いました。お菓子ばっかり食べてご飯を食べない子にぜひ読んでもらいたい絵本です。

    掲載日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもにわかりやすいストーリー

    子どもはお菓子が大好きですよね♪
    (もちろん大人だって大好き。私も毎日のように手作りお菓子を作っては楽しみ、食べては楽しんでいます)

    でも。この絵本のように、お菓子ばかり食べ続けていたら飽きちゃう。
    毎日の「食事」がどれだけありがたく大切なことか、おしつけがましくなくわかるんです。
    子どもにもわかりやすいストーリーだと思います。

    さかざきちはる先生の絵、ものすごーーーく可愛いです。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット