なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

あかいチョウチョ」 みんなの声

あかいチョウチョ 作・絵:市川 里美
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784097262701
評価スコア 3.86
評価ランキング 29,679
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 主人公の帽子が気に入ったのでこの絵本を選びました。主人公と蝶との格闘がとても臨場感たっぷりに描かれているのが良いと思いました。主人公が考えて趣向を凝らして行動するのが素晴らしいと思いました。長を捕まえるのがいかに大変かを知れる絵本でした。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 逃げる蝶と

    アジアの小さな村に住むブン。
    おばあちゃんはブンの布団を縫っていて忙しそうなので一人遊び中。
    あかいチョウチョを見つけて網を持って追いかけます。
    いろいろな花を渡るチョウチョ。
    ブンはなんとか赤いチョウチョを捕まえようと工夫をします。

    追いかければ追いかけるほど逃げる蝶。
    ブンが花に隠れた時(隠れたというより、花に変身した時?)
    息子も「これなら捕まえられるね!」とブンのアイデアを褒めていました。
    でも、走りまわる花には蝶は近よってきませんでした。


    最後にはブンの笑顔が見られます。
    優しいブンに、読んでいた私も温かい気持ちになりました。

    掲載日:2010/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • アジアの自然

    この絵本の舞台は、アジアの小さな村ということです。
    床の高い家や、鮮やかな色の花など、日本では見られない風景が描かれていて、アジアらしい雰囲気を感じました。
    少年・ブンが、チョウチョは、チョウチョに夢中になっていましたね。
    捕まえることを辞めたとたん寄ってくるのですから、チョウチョって気まぐれ!?

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界

    世界には色々な生活風景があるんだと、子供に教えてあげたい絵本です。
    三歳の子供にはまだ難しかったみたいなので、私がじっくり見ました!

    布団を作るおばあちゃん。なかなか見れない光景でとても暖かい絵です。
    あかいチョウチョがなかなかつかまらないお陰で、読んでるこちらは可愛い絵を楽しめます!
    おばあちゃんって、なんだか特別な存在ですよね〜。

    ブンちゃん、ぐっすり眠っただろうなぁ〜!
    気持ちがほっこりしました!

    掲載日:2012/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • とまってほしい気持ち

    チョウチョに、自分にとまってほしくて、どんどんチョウチョを追いかける主人公。最後に顔にとまってもらえて、読者としてもほっとします(笑)その後のおばあちゃんとの交流はちょっと感動的で、なかなか良いと思います。男の子には良さそうです。

    ちなみに、絵が日本人らしからぬ海外っぽい大人っぽい印象。個人的には絵は好みではないです。ごめんなさい。

    掲載日:2011/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう少し日本人向けのアピールを

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    この絵本もね、作品としての完成度はとても高いし、とっても素敵なお話だと思うんです。
    だけど、日本の絵本としては、ちょっと表紙絵のインパクトが足りない気がしました。せっかくいい話なので、そこがとても残念です。
    日本人って、わりと表紙の第一印象で、「読みたい」とか、決めたりしません?
    日本で出版するのであれば、もう少し、日本人向けのアピールをした表紙絵でもよかったかな〜と…。

    内容はしごく単純ですが、チョウチョを追いかける男の子の目線や、「どうしたら捕まるか」って、いろいろやってみる行動が面白くて、目が離せない面白さがあります。
    それでいて、東南アジア系の穏やかな時の流れみたいのが、根本に流れているので、決してドタバタした感じではないのです。

    最後におばあちゃんと夜空を見上げてるシーンがまた素敵でした。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『ぼくのなかのほんとう』 <br>翻訳者・若林千鶴さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット