すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

おばけ屋のおばけたまご」 みんなの声

おばけ屋のおばけたまご 作:あわたのぶこ
絵:ただはるよし
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784338192132
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,559
みんなの声 総数 6
「おばけ屋のおばけたまご」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 次から次へと・・・

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    季節は、「春」ですね
    おばけ屋シリーズは季節も考慮してて
    大変素敵です

    今回は、芝居小屋
    「うらめし屋」のメニューも
    作っているおばけもまぁまぁ個性的なこと!

    たまごの活躍は?
    と思っていると・・・
    これまたおもしろい・・・
    確かに「〜のたまご」っていう言い方をしますものね
    視点をいろいろ変えて見ると
    こんな風になるんだなぁ〜と
    思います
    相変わらずのダジャレ「たまGO!」ですから(^^ゞ

    おばけすいかも
    おばけかぶも
    おばけツリーもいるページあり!

    はなさかばばあは実は・・・とか
    ちゃんとした理由になっているのがおかしいです

    たまごは、ひよこに・・・

    お花見もあり
    入学式もあり

    そして、次なる「梅」も・・・

    おもしろいシリーズです!

    掲載日:2011/10/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 表紙のかわいらしさに 読み始めて うらめしやの ユニークなメニューに こどもは夢中でした。くるくる変わる展開もおもしろいのですが 桜とともに、たくさんのたまごたちが、ひよっことして 世の中に巣立つストーリィは、お話の深さを感じました。入学式のシーンは、イラストのすばらしさもあり、必見です。芝居小屋もしかりです。いまどき こんな小屋は なかなか ありませんが、まだ四国あたりにのこっているよ、とおいっこに、おしえると、興味しんしんのようすでした。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • たまGOGO!

    このお話のシリーズは毎回一つのおばけが出てくるのですが、今回のおばけは「おばけたまご」だったので掛け声が「たまGOGO」でした。その掛け声がとっても気に入っていて、私が「たまGOGO」って読むたびに大笑いで見ていました。こっちまで楽しくなってきてよかったです。

    掲載日:2013/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまGO!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    今回しばい一座と飯屋をするおばけたち。
    「うらめし屋」なんてユニークな名前の飯屋ですね。
    食べ物が出てくるといつも「おいしそう!」って思ってしまう私ですが、今回ばかりは「遠慮したいな」と思ってしまいました。
    どれもこれも食べるには勇気がいりそうです(笑)
    タイトルにあるおばけたまご。
    役者のたまご、医者のたまご、警官のたまご・・・
    うまいこと考えるなぁ!
    将来が楽しみですね^^

    一座の芝居に突如現れた花さかばばぁ!!
    恐ろしい顔してニワトリを連れてってしまうけれど・・・
    ああ見えて旦那さんが大好きな乙女(!?)なんですね(笑)
    しかしあんな恐ろしくなっちゃ困ります〜。

    このシリーズは本当面白すぎです〜!
    次は「うめぼし」。
    とっても気になります♪

    掲載日:2012/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しいのかなあ^^;

    おばけ屋が今回は芝居小屋&飯屋を開きます。
    飯屋に展開されているメニューは、おばけらしい。
    美味しいおかなあ^^;
    食べてみたいような・・・
    やっぱりいらない〜と、そのメニューが気になったようです。

    でも一番楽しそうにしていたのは、
    さらわれたにわとりをみんなでおいけかけるシーンだったようです。
    前作までの主人公が登場していて、その挿絵を楽しそうに見ていました♪

    掲載日:2008/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • うらめしやのメニューがユニーク!

    息子がシリーズで借りてきたなかの1冊。
    今回のおばけ屋はお花見会場でしばいをする「おばけ屋一座」に。
    その横で出店の「うらめしや」も出店。
    そのうらめしやのメニューがとてもユニーク。
    どんぶりはふたを取ってみないと中身がわからない、“きもだめし”
    大きなタコを丸焼きにした“ぼうず焼き”その他にも
    実際に出店にあったらおもしろいだろうな〜ってものが
    ずら〜り並んでて楽しそう!

    そして、お芝居の方も桜の季節とあって「はなさかじいさん」を
    演じるのですが、いぬのポチがある物に変わってたりして
    ありえな〜い!!って叫んじゃいます。
    いろんなおもしろい設定のお話しが詰まってて、
    息子は一人で読みながらクスクス笑ってるし、
    その後借りて読んでた私もふ!と笑っちゃうし、それを横で見てた
    娘も興味を持ち始めて、家族で回して読みました。

    掲載日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / おばけ屋のおばけうめぼし / おばけ屋のおばけかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



tupera tuperaのさんかく・まる・しかくなクリスマス

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット