モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

福音館文庫 くまのパディントン パディントンの本(1)」 みんなの声

福音館文庫 くまのパディントン パディントンの本(1) 作:マイケル・ボンド
絵:ペギー・フォートナム
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:2002年06月
ISBN:9784834018028
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「福音館文庫 くまのパディントン パディントンの本(1)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • くまのめんどうをみます

    以前、ロンドンのパディントン駅構内にて「パディントングッズ」を
    売るお店を見た時に、「ああ、くまのパディントンにあやかってこうい
    うお店を出しているのだなあ」と思ったのだけれど実は逆でした。

    あの時はこの物語を読んだことがなかったから。
    あの時、読んでいなかったことが悔やまれる。

    読んでいたならば、「どうぞこのくまのめんどうをみてやってください。
    おたのみします」と書かれた荷札のような紙を首から下げた小さなくま
    が駅の片隅にいないかきっと探したのになあ。

    私達はその後アフリカ行ってまたロンドン帰ってきて、それからニュー
    ヨークに行ってやっと日本に帰るという旅の途中であったからこぐまを
    連れての旅はおそらくハードだっただろうからいなくてよかったのだろ
    うけれども。

    パディントンは本人(本くま?)言うところの「暗黒の地ペルーからの
    密航者」だ。ペルーのことをそんな風に言うなんて、いかにもイギリス
    の作家が言いそうなことだなあと思った。ペルーでずっと一緒に暮らし
    ていたルーシーおばさんがリマにある老くまホームに入ることになり、
    ひとりで生きていかなければならなくなったのだ。

    リマかあ。このお話が書かれた時代はきっといい街だったのだろうけれ
    ど、私が旅した時は(ニューヨークから南米行ってまたニューヨークに
    戻ってきてそれからこのロンドンにやってきたのであった。もう二度と
    こんな落ち着きのない旅はしたくないのであった)とても治安が悪く、
    「首絞め強盗」もよくあったので、あまり印象がよくない。ルーシーお
    ばさんは大丈夫かしら?老くまホームの中にいる分には安全なのか。

    パディントンはかわいい。
    とてもかわいい。
    だいたい私は動物が大好きだから、かわいいに決まってるんだけれど、
    とにかく「生まれてはじめて」のことばかりで、興奮したりとまどった
    り喜んだりしながら、優しいブラウンさん一家と一緒に暮らすのだ。
    またパディントン駅に行きたくなってしまった。

    娘ももうちょっと大きくなったら読んでほしいな。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット