だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

魔女の宅急便 その3 キキともうひとりの魔女」 みんなの声

魔女の宅急便 その3 キキともうひとりの魔女 作:角野 栄子
画:佐竹 美保
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年10月20日
ISBN:9784834017045
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
「魔女の宅急便 その3 キキともうひとりの魔女」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんでもできる

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    キキよりも年下の女の子ケケがキキの町にやってきます。
    魔女を名乗る彼女にキキは…。
    なんでもできるっていうのも面白くない、というのはわかる気がします。
    私は当然なんでもできると言いきれる人物ではないのですが。
    作者の角野さんもおっしゃっていたと思うのですが、キキの魔法がなんでもありだったらキキの魅力は減っていたのでは。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • キキと、もう一人のライバル魔女ケケ?

    16歳になったキキに今度は、ケケという12歳の女の子が接近。猫もいないけど、ほうきで空も飛ばないけど、どうもいろんな魔法の使える魔女みたい。小さいはずの女の子に自分のテリトリーを侵害されてぴりぴりするキキ。焦りが消えたときにはケケも街から退去します。

    明るいキキにも嫉妬やテリトリー意識があるのがリアルでいいです。実際、自分だけが特別って思ってたのに同じような子が、しかも自分より若い子が活躍したら、面白くないというより自分の必要性がなくなるようで不安になったりする気持ち、きっと大人のみなさんにも分かると思います。しかも、仕事だけでなく家族もしくは仲間と言えるのジジまでスカウトし、ボーイフレンドのとんぼさんにもちょっかいかけて、、、、。

    克服していく姿も、たまにケケに毒されて(というかいい変化の気がするけど)魔女を休憩してデートにいく姿も、なかなか良かったです。

    でもやっぱりケケのママって、魔女だったのかもね。想像するのも楽しいです。もし魔女のママが早死にしてたらキキだって空を飛べなかったかもしれないですよね。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な出会い

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    コリコの町での生活も四年目を迎えました。キキが使える魔法は、ほうきで空を飛ぶことだけでしたが、おかあさんのコキリさんにくすりぐさの作り方を教えてもらい、くしゃみの薬を作り、町の人たちにも分けてあげられるようになり、二回目の種まきをしました。
    魔女の宅急便の仕事も順調で、とんぼさんともいい雰囲気だってのですが、そこに現れた、ケケという不思議少女の存在で、キキは翻弄されてしまいます。

    16歳になって、すっかり魔女らしくなってきたキキでしたが、ケケに振り回されてしまいます。ジジの忠告も耳に入らないほど、自分を見失うところなんて、思春期の女の子そのもの。魔女として生活をしながらも、人間臭いところもまだまだ持ち合わせているところ、かわいいなと思いました。ケケが何者か、読みながら『もうやめて』と何度も心で叫び、すっきりしませんでしたが、その謎が解けた時、キキと一緒にひとつ山を越えたような気持ちになりました。

    掲載日:2010/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット