庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おじいちゃんは106さい」 みんなの声

おじいちゃんは106さい 作:松田 もとこ
絵:菅野 由貴子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年2月
ISBN:9784591060056
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,813
みんなの声 総数 11
「おじいちゃんは106さい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 家系図

    家系図が永遠に続いていけるのがとても幸せなこと、大切なことを教えてくれる絵本でした。106歳まで大家族で生きていけたひいひいおじいちゃんは幸せだったと思いました。この頃は、1日中寝てばかりだけれど、不思議とご飯の時間になると口をパクパク食べてるひいひいおじいちゃんに孫の命のことを考えてしまいました。妊婦検診の時に、孫も先生から口をパクパクあけてるよって説明されたのを懐かしく思いました。生まれてきてくれてありがとうと感謝の気持ちでいっぱいになりました。生まれてきてから毎日、毎日リハビリに頑張ってくれている孫に
    本当にありがとうと言いたいです。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命のつながり

    • ラブケイさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    タイトルだけを見てどんな本かな〜と借りてきて、息子に読みました。
    まず106歳ってだけで子供は驚き喜び、自分にはひいおじいちゃんやひいおばあちゃん、ひいひいおじいちゃんはいるのか、と聞いてきました。
    最後の家系図で命がつながっている、ということをとても実感したようで、じゃあ、僕のおじいちゃんがいなかったら、ぼくも生まれて来なかったってこと?と一生懸命考えていました。
    命がつながってるってこと、ただ口で伝えるだけでは本当のところまでは伝わりにくいけど、この絵本を通して胸の奥にとても響いて伝わってきたようです。
    命を大切に思えるような子に育ってほしいといつも願っていました。
    それを手助けしてくれる素敵な絵本でした。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かりやすい命のつながり

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子13歳、女の子12歳

    ひいひいじいちゃんというのが子供の興味を引いたみたい
    106歳というのも・・・

    ひいひい孫とひいひいじいちゃん、多くの人はなかなか同じ時間を過ごすことは出来ない間柄だと思う。
    実際、私はすごくうらやましい。
    子供たちも、頭では、じいちゃんのお父さんのお父さんって理解してる感じだったけど、やっぱり実感はないと思うなぁ〜

    お別れのシーンは子供たちも静かに聞き入っていた。お葬式に集まった家族の様子に、「じいちゃん、みんなに好かれていたんだなぁ」と思ったらしい。

    家族との別れは寂しいけれど、命のつながりを感じてくれたならいいなと思う。

    掲載日:2009/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次につなげよう

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    近頃、命の重さというものを頭にまったく持っていない人たちが、
    簡単に他人や自分の命を奪っています。

    子どもたちに、一人の命はとてもたくさんの人からもらったもので、
    自分も次の命をつなげていく存在なのだと分かってもらいたいですね。

    この絵本で、命の本当の大切にする理由を伝えてもらいたいです。

    最後の家計図が、わかりやすくてとてもいいと思います。
    自分の家計図を作ってみてもいいかもしれません。

    絵がこのおはなしに合っていないように思います。
    特に男の子が「そうなんだ」と納得する大事な場面が、
    絵を見るとがっかりしました。
    子どもに合わせる気持ちで描かせたのでしょうか残念でした。

    掲載日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃんのいのちがぼくにつながって

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    読み語りの勉強会で読んでもらった時は、子ども向けにはちょっと難しいかな、
    という印象でした。
    でも、改めて手に取って読んでみると、命のつながりが実感できてよかったです。
    6さいの「ぼく」は、何と5世代同居。
    106歳のひいひいおじいちゃんとも暮らしているのです。
    この家族構成だけでも訳が分からなくなってきますが、
    その解説の絵を見てみると、うまく理解できるように工夫されていて、
    ありがたかったです。
    そして、そのひいひいおじいちゃんの最期まで丁寧に描かれます。
    その分、そのひいひいおじいちゃんからつながってきた命の流れを体感できますね。
    何より、自分の命の大切さが実感できます。
    じっくりと読んでほしいです。

    掲載日:2008/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生まれる時も死ぬ時も一人じゃない!

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    「ぼくには おじいちゃんが 3にんいる」で始まるこの絵本。
    どういうことなのかと思ったら、ひいひいおじいちゃんと一緒に暮らしている男の子のお話でした。
    (おじいちゃんとひいじいちゃんも一緒に暮してます。すごい!!)

    よくドラマや映画などで、「生まれてくる時も死ぬ時もひとり」なんて言うセリフがありますけど、とんでもない!!
    そんなことないんです。

    生まれてくる時も一人なんかじゃありません。母親のお腹の中から生まれ、たくさんの人間の中に飛び出してくるんです。
    生きている間に、いろんな人に接していれば、死ぬ時にだってひとりじゃない。愛する人たちに囲まれて天国に旅立てるんです。

    生命や死がテーマですが、悲壮感などは感じられず、おじいちゃんが旅立つシーンでも、かわいそうという涙ではなく、素晴らしい人生に拍手を送りたくなります。

    人は一人で生まれてきたのでも、生きていくのでもない・・、命は繋がっていくのが実感できる素敵な作品です。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生きた道 

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    生と死について書かれています。
    死にふれますが、少しも暗い感じはありません。
    逆に生きる勇気、道をつなげていく喜びを感じる事が出来ると思います。
    きっと、おだやかなやさしい口調が、
    死という悲しい事をやさしくつつんでくれています。
    子どもたちはじっと静かに聞いていました。
    「おじいちゃんの生きた道はぼくにつながっている。
    ずっとつながってきた1 本のいのちの流れのなかに、ぼくは今たっている」
    最後の言葉が、じ〜んと胸に響きました。

    掲載日:2007/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せなおじいちゃん

    うちは、おじいちゃん、おばあちゃんがいます。全部で6人家族。
    だから、おじいちゃん、おばあちゃんが亡くなる話というのは、ちょっと避けてしまうところがある。
    以前も「だいじょうぶだいじょうぶ」を読んで、「うちのおじいちゃんやおばあちゃんもいつか病気になるの?」と子供に聞かれ、困った。
    「死」から子供を遠ざけておきたいというのではないけど、あえて不安に思うようなことをしたくないという気持ちはある。
    でも、この絵本は、そんな暗さなんて微塵もなかった。
    おじいちゃんは106歳。6歳のぼくとは100歳も違う。
    今のおじいちゃんは寝てばかりだけど、でも、いっぱい生きて、いっぱい歩いて、すごいものがいっぱいつまってる。
    おじいちゃんは亡くなり、子供や孫50人に見送られた。
    でもね、おじいちゃんの生きた道は、ぼくにつながっているんです。
    このおじいちゃんのおだやかそうな感じがとてもよいです。106年幸せに生きて、人生全うしてなくなった。
    それは、ごく自然の出来事なんだよって納得できる本です。
    「死ぬ」ということは、まだ、うちの子は理解できてません。でも、こんなふうに生きてなくなった106歳のおじいちゃんが、とても幸せだったてことは伝わったと思う。

    掲載日:2007/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • いのちのつながり

    この本を手にとってビックリ!
    “106歳!”すごいですね〜

    読み始めてまたビックリ!
    ぼくは6歳。なんと1世紀違い!
    さらに・・・
    5世代同居なんです!

    その様子をイラストで分かりやすく
    表現されてます(それまたビックリ)
    なかでも、
       ひいひいおじいちゃんも、
       106年前は あかんぼうだった。
    から始まって・・・
       ひいまごがけっこんして、
       ひいひいまごがうまれると、
       ひいひいおじいちゃんになるんだ。
    までが顔や体はだんだん年老いていく物の
    同じ人物はず〜と洋服の色や模様が同じ!
    すごく分かりやすい

    最後には家系図も載っていて、改めていのちのつながり
    の大切さがわかる本でした♪

    掲載日:2006/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • いのちはず〜っとつながていく

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    「ぼくには、おじいちゃんが3人いるよ・・・」で始まるこの絵本。そう、この男の子にはひいひいおじいちゃんがいて、歳はなんと106さい。ひいひいおじいちゃんの昔の話や虫眼鏡で本を読むこと、そして、5世帯で暮らしていることなど、いろんな話を教えてくれます。でも、ひいひいおじいちゃんはいつの日か天国へいってしまいます。最後、男の子の「おじいちゃんのいのちがぼくにつながっている・・・」っていう一言がじ〜んときました。

    掲載日:2002/10/15

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / いちご / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット