もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

かえってきたプチ・ニコラ 2 プチ・ニコラ サーカスへいく」 みんなの声

かえってきたプチ・ニコラ 2 プチ・ニコラ サーカスへいく 作:ルネ・ゴシニ
訳:小野 萬吉
画:ジャン・ジャック・サンペ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784035214205
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,173
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • プチニコラのシリーズはどの巻を読んでも面白いのですが、収録されている短編がその巻の味わいを持っているようです。
    「サーカスへいく」では、学校生活を中心にしながら、ニコラの家族、ご近所さん、親戚が多く登場します。
    個性的で有りながら一様に機知に富んだ人々で、どこか弾けているところに魅力を感じます。
    知らずうちにニコラの世界にはまってしまって、迂闊にも独り笑いをしてしまいました。

    掲載日:2015/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のお気に入り

    息子が最近大好きなシリーズです。

    私が読み聞かせをしているのですが、自分でも読んでいるほどです。

    おそらく小学校の低学年なんでしょうね。

    男の子たちがやんちゃで活発でいつも思っているようにいかないのですが、一生懸命生きてるなあって感じがします。

    「はかなき城塞」で、パパが子どもたちよりも一生懸命城塞作りをしているのですが、子どもってこんな風に途中で飽きてしまうのがてかにもありそうと思いました。

    「るすばんのおねさん」では、パパとママの外出中にニコラの面倒を見に来たお姉さんが、ニコラに面倒を見られているのがおもしろかったです。

    表題にもなっている「サーカスへのご招待」のオチもクスッと笑えました。

    こんなにパワフルな男の子たちが、毎日一緒にいたら楽しいだろうと思う反面、大人たちは大変だろうなあとも思います。

    「レストランで」は、親戚の女性人が議論になる場面があるのですが、こうやって議論をし合う、フランス人は女性もやはり強いなあと思いました。

    フランス人と議論したらきっと勝てないでしょうね。

    ある意味、フランス人はこうやって大きくなるんだと思うとフランス人との付き合い方も見えてくる気がしました。

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット