たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

かえってきたプチ・ニコラ 5 プチ・ニコラの初恋」 みんなの声

かえってきたプチ・ニコラ 5 プチ・ニコラの初恋 作:ルネ・ゴシニ
訳:小野 萬吉
画:ジャン・ジャック・サンペ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784035214502
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,239
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ニコラはニコラ

    プチニコラ・シリーズの最後の一冊をよみおえました。
    どの話をとっても、機知に溢れていて、スパイスとドタバタが楽しめるのですが、ニコラも心なしか成長してきているように思いました。
    歯の生え変わり、異性への淡い関心…。
    ままごとのようではあるけれど、大人たちが子どもの成長を喜びながら、自らもドタバタ喜劇に参加しています。
    ニコラはニコラ。
    どこを読み返しても面白いと思います。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ニコラの日常

    夏休み前から息子に読み聞かせをしているプチ・ニコラシリーズ。

    文庫版にもニコラが好きになったマリ・エドウィッジにも出てくるので一部リンクするところがあります。

    ニコラの初恋とタイトルがあるので、マリとは違う女の子なのかな?と思っていました。

    突然のおじさん家族の訪問に家族が翻弄される「サプライズはおたがいに」の結末がおもしろかったです。

    こういうユーモアのセンスは、いかにもフランス的だと思います。

    「おとなとして」の中で、マリとニコラがするおままごとの内容が、マリがいつも目にしているであろうマリの両親の夫婦生活が垣間見えるようで、クスッとしました。

    よく子ども同士でおままごとをすると、その家の生活場面が出てくると言いますが、正にそのとおりでした。

    一日一話的にも読めるニコラの日常が短編になっていて、どれもオチがあり、ユーモラスです。

    シリーズものなので、時間のある夏休みに読むのもいいかもしれません。

    掲載日:2011/08/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット