うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ざっくん!ショベルカー」 みんなの声

ざっくん!ショベルカー 作:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784032211900
評価スコア 4.76
評価ランキング 587
みんなの声 総数 44
「ざっくん!ショベルカー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 何度も読み返したくなるシリーズ

    ショベルカーの操縦の仕事をしているお兄さんを通して、
    ショベルカーの活躍している場所、働きっぷり、それから
    いろんなショベルカーのことを知ることが出来る内容になっています。

    うちの子は、小さい頃からこのシリーズが大好きで、何冊か購入して
    家に置いてあるのですが、高学年になった今でも、引っ張り出して
    読んでいることがあるぐらいです。

    今回、私が図書館で見つけて借りてみたのですが、すぐに気付いた息子が、
    「お!あのシリーズか!!」と真っ先に読んでいました。

    このシリーズは、わかりやすいシンプルなストーリーも良いのですが、
    絵もすごく楽しいんですよね。ショベルカーの周りにさらっと描かれた背景の中に、
    「がんばれ!パトカー」で迷子になっていた犬と飼い主のおばあさんがいたり、
    遠くに、「ピン・ポン・バス」、「うみへいくピン・ポン・バス」のバスや、
    「はしれ!たくはいびん」の宅配車が走っていたり。
    そういう細かいところまで楽しませてくれるので、シリーズの絵本を引っ張り出してきては、
    ついつい何度も読み返したくなる、素敵な作品です。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 街並みが好き

    1歳半の息子は、このシリーズが大好きです。
    ストーリーがすきというよりも
    街並みの絵が好きで、まわりのトラックやパトカー、
    バスなどをみつけて指差ししています。

    物語としてつながっている風景がいいと思いました。
    ざっくんざっくんとするショベルカー、
    特に一番大きなものがでると、大喜びです。

    掲載日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1号!

    こちらの絵本は、もう何回読んだか分からないくらい
    お気に入りの一冊です。

    買った頃は、おしゃべりが始まったかどうかという頃で、
    まだ文章がちょっと長いかな〜と
    思ったのですが、ショベルカー大好きな息子は
    絵に惹きつけられたようで、嬉しそうに見入っていました。

    しばらくは、私が読み進めるままに聴いていたり、
    絵の中から興味の湧いたものを見つけては
    指差して楽しんだりしていました。

    何度も何度も読み返して、
    ある日突然、
    「1号!」
    と息子が叫びながら、ショベルカー1号を指差しました。
    突然叫んだことにも驚きましたが、
    1号、2号、3号の区別がつくということには、
    もっと驚きました。

    最近は、こちらの本で覚えた
    「ざっくん、ざっくん!」
    「オーライ、オーライ!」
    をフル活用して、おもちゃのショベルカーや車で
    遊んでいます。

    絵も内容も、ショベルカーの魅力をたっぷり味わえる
    楽しい作品だと思います。
    特にショベルカー好きな男の子に☆☆☆☆☆

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 仕事に応じて

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    タイトル通りショベルカー大活躍な絵本です。
    大きさの違うショベルカーを仕事に応じて使いこなすおにいさん。さすがプロフェッショナルですね。
    ショベルカーの仕事っていろいろなところであるんだなーと思いながら読みました。もちろん他にももっとあるのでしょうけど。
    乗り物好きな子におすすめです。

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • パーツ名も覚えよう!

    働く車シリーズのショベルカーバージョン。
    1台ではなく3台が、しかもだんだん大きくなっていくところがワクワクしますね。

    そしてお決まりの鳥の巣研究所・・・。
    大人の私は車よりもこちらを探すほうが楽しみだったりして。

    裏表紙のショベルカーのパーツ名が書かれているのもいいですね。
    息子が大きくなったら、中身よりもこちらのほうが好きになるかも。

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗り物好きの子供に

    乗り物好きの子供のために買いました。鈴木まもるさんと竹下文子さんの乗り物シリーズはどれもすごくかわいくて絵も正確にかかれていていいと思います。この本ででてくるショベルカーが同じシリーズのほかの本にでてきたのをみつけて子供も大喜びでした。乗り物の特徴がすごくよく描かれている点がいいと思います。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズで1番ハマった絵本

    3〜4歳のころ1番読んだと思います。
    5歳になったら、自分で読む(暗唱)してました。

    この方の絵本は、他のシリーズと合わせて読むののがオススメ。より楽しめる仕掛け(?)が背景にあります。
    そして、この方の絵本はネコがあちこちにいるので、ネコ好きの私の心をもくすぐります、笑。
    ツバメもショベルカーの車庫に巣を作っています。個人的にはこういう細かい部分がツボです。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 改めて童心に戻って読むと面白い!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    偕成社の「のりものおはなしえほん」シリーズのなかでも
    竹下文子さん×鈴木まもるさんのシリーズはしいて言えば「はたらく車シリーズ」ではないでしょうか?
    目の付け所が竹下さんの絵本は何か一味違うんですよ〜。
    こう、なんというか小さなお子さんの目線で魅せてくれるというのでしょうか。
    うちの子は女の子ばかりでうちの子が小さかった頃は、乗り物系の絵本をほとんど読んだことがなかったので、
    こうやって不特定さ多数の子どもたちのために改めて読んでみてその面白さにハマりつつあります。
    今回のショベルカーのおはなしも乗り物の絵本は意外と奥が深いものだなぁ。
    クレーン車と一言に手もこんなにあったのかぁと、童心にかえりながら当たら目ていろんなところが見えてきて楽しかったです。
    3,4歳くらいから小学校就学前くらいのお子さんたちにいかがでしょうか?

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 竹下さん鈴木さんご夫妻の、この偕成社から出ている乗物本シリーズは
    本当に外れがありません。
    こちらも、工事車両大好きの2歳半の息子に借りた1冊。

    私も息子につきあい、たくさんの乗物本や乗物図鑑は読んで来ましたが、
    こちらも、よく取材され、ストーリーが上手に組立てられた、
    楽しい1冊だと思います。

    月曜日から日曜日、おにいさんが働く様子が描かれています。
    日曜日にちゃんとおにいさんが休んでいるのが、好感が持てます。

    大きさの違う大中小のショベルカーが、どんなことろで働いているか、
    どんな作業に使われるか。
    どんなトラックに乗せられるか、その乗せられ方などが
    きちんと描かれています。

    中ぐらいのショベルカーが中くらいのトラックに乗せられる時の、
    アウトリガーの出方を見て、私も息子もとても感心しました。
    (「スゴイ足!」と息子は必ず言いますw こんな急な斜め具合になるのか、と
    私もビックリです)

    また、ショベルカーの先のバケットの代わりにつけられる、
    アタッチメントの数々にも2人で感心。
    グラップル、泥を掬うもの、マグネットやペンチバージョン、解体機などが
    ちゃんと出てきます。

    個人的には絵が好みではないのですが、だんだん、このお二人の乗物本には
    息子だけでなく、私もハマってきそうです。

    掲載日:2013/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子が好きな

    私は鈴木まもるさんの絵が好きで、息子にとっても
    「ぼくのしょうぼうしゃ」や「せんろはつづく」など、
    大好きな絵本が沢山あります。
    今回も絶対喜ぶだろうな〜と、読んでみました。

    男の子は、工事現場が好きですよね。
    この絵本には色々な工事現場が出てきてワクワクです。
    大、中、小の3台のショベルカーが、それぞれ役割を
    持って仕事をする姿を繰り返し見ていました。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / うんちしたのはだれよ! / コロちゃんはどこ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット