もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ラモーナとあたらしい家族」 みんなの声

ラモーナとあたらしい家族 作:ベバリイ・クリアリー
絵:アラン・ティーグリーン
訳:松岡 享子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年
ISBN:9784052014055
評価スコア 4
評価ランキング 23,696
みんなの声 総数 1
「ラモーナとあたらしい家族」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ラモーナの心情が丁寧に描かれている

    読み進んでいくうちに息子が「だから(タイトルが)『ラモーナとあたらしい家族』なんだ」と言いました。

    ヘンリーくんシリーズに出ていたラモーナを主人公にしたこのシリーズ。毎回思いますがラモーナの心情がとても丁寧に描かれているなあと思います。

    今回はラモーナが学校が終わってから預かってもらっているハーウィのうちにお金持ちになったおじさんが帰って来るところからお話が始まります。

    お父さんの言った言葉が心に残りました。「人生では、いつでも自分のしたいようにできるってわけじゃないんだよ。でも、できる範囲で、最善をつくさなくちゃね」と。

    子どもの頃からも思っていましたが、優れた児童書には子ども向けであっても実用の書という趣もあると思うのです。

    最初はラモーナの憂鬱で始まるのですが、最後は明るく終わっているので安心して読めます。

    ラモーナの成長を読みながら見守っている気持ちになります。

    ラモーナ三年生のお話ですので、その近辺のお子さんには共感を持って読める内容だと思います。

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット