ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ラモーナ、八歳になる」 みんなの声

ラモーナ、八歳になる 作:ベバリイ・クリアリー
絵:アラン・ティーグリーン
訳:松岡 享子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年
ISBN:9784052014048
評価スコア 4
評価ランキング 22,728
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 女の子の心の成長ぶり

    「ビーザスといたずらラモーナ」を読んで次に八歳のラモーナのこのお話を読むと四年間の間の生活の変化と成長を感じます。

    屈託のなかった四歳の頃に比べて、お父さんが先生になるために学生をしている、お母さんがフルタイムで働いている、ラモーナは学校が終わると友だちの家で預かってもらっているなどの生活の変化から、家族のそれぞれの憂鬱が浮かびがってきます。

    学校の先生に「やっかいな子」と言われて悩むラモーナには同情しました。

    ただ憂鬱なだけでなく最後は明るい感じで終わっていたので救いがありました。

    息子も同じ八歳ですが、女の子の心の成長ぶりの方がずっと早いのでしょうね。

    八歳でこれだけのことが見えているのかと感心しました。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆


子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット