うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ラモーナとおとうさん」 みんなの声

ラモーナとおとうさん 作:ベバリイ・クリアリー
絵:アラン・ティーグリーン
訳:松岡 享子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年
ISBN:9784052015755
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 家族の一員としてのラモーナ

    ハチャメチャだったラモーナも2年生になり、少し落ち着きました。
    今までは、自分のこと中心に考えて行動していたラモーナでしたが、
    この年になり、徐々に家族のことも織り交ぜながら、家族の一員として振る舞うようになりました。
    とは言っても、まだ子どもは子ども。時に、失業して家にいるおとうさんと衝突しながら成長していく姿が上手に描かれています。
    子どもの気持ちを、うまく汲み取り表現してある作品です。

    途中、我が家の5歳の娘は、ラモーナとおばさんとのやり取りを読んだところで大爆笑。ラモーナ節は健在です。

    掲載日:2010/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二年生になったラモーナ

    二年生になったラモーナのお話です。

    息子も同じ二年生なのでタイムリーかなあと思いました。

    でも、息子はどちらかというと少しばかり落ち着いてきたラモーナよりも、小さい時のはちゃめちゃぶりの方が好きみたいです。

    ヘンリーくんシリーズが陽気なのに対して、ラモーナの成長シリーズはどちらというか、トーンが暗めな気がします。

    女の子と男の子という違いだけでなく、ラモーナの家庭の変化が大きいからです。

    お父さんの突然失職から話が始まったこともあり、家の中にピリピリしたものがあるからです。

    すべての家庭がそうではないと思いますが、日本の今の社会情勢と似たところもあるように感じられました。

    ただ、全編にわたって暗いわけではなく、希望のある終わり方だし、家族の温かさも感じられてよかったです。

    作者のクレアリーが、ラモーナのことを愛して書いているのが伝わってきます。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット