ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ビーザスといたずらラモーナ」 みんなの声

ビーザスといたずらラモーナ 作:ベバリイ・クリアリー
絵:ルイス・ダーリング
訳:松岡 享子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1997年
ISBN:9784051046200
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「ビーザスといたずらラモーナ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ピッピもロッタちゃんも真っ青!

    ラモーナのいたずらは、大人の思いもよらない発想からくるもので、
    読んでいる私はもちろんのこと、5歳の娘もビックリ!!
    一人っ子の我が娘は、姉妹とはこういうものなのか!?と若干誤解をしたかもしれませんが、それ以上に面白い出来事が満載です。
    「長くつしたのピッピ」や「ちいさいロッタちゃん」も楽しい騒動やいたずらで、面白いのですが、この本はそれらを上回るのでは。
    日常生活を描いたものが中心ですので、内容はそれほど難しくありません。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • まじめなお姉さんと困った妹

    四歳の妹・ラモーナに翻弄される姉・ビーザスのお話です。

    ヘンリーくんシリーズでもよく見かけるラモーナ。感受性が豊かではあるのですが、癇癪持ちだし、人の言うことは聞かないという困ったちゃんでもあります。

    それに反してビーザスは優等生的でまじめ。

    ラモーナのような妹がいたら、ちょっと離れて歩いて他人のふりをしたいと思うのもわかる気がしました。

    まじめなビーザスがいたずらラモーナのことを嫌いだと思う時があるのを、ビーザスが姉として失格だと心を痛めているのが気の毒になりました。

    大人でも子どものことを丸ごと認めて好きだと言えるには長い年月と修行がいるかもしれません。

    子どものイヤイヤ期に悩むお母さんが読んでも参考になる内容かもしれないと思いました。

    ラモーナ、ヘンリーくんシリーズでもキャラクターが光っていましたが、ラモーナシリーズが生まれたのもわかる気がしました。

    この話を読んでいるとラモーナにはラモーナの言い分があるんだなあということがよくわかりました。

    ラモーナが部屋の中を三輪車で乗りまわしている場面、リンゴは一口目がおいいとリンゴを食い散らかしている場面、ビーザスの誕生日ケーキを台無しにしてしまう場面、どの場面も印象に残りました。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット