ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

ラモーナは豆台風」 みんなの声

ラモーナは豆台風 作:ベバリイ・クリアリー
絵:ルイス・ダーリング
訳:松岡 享子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1998年
ISBN:9784051046248
評価スコア 4
評価ランキング 23,113
みんなの声 総数 1
「ラモーナは豆台風」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ラモーナの幼稚園時代

    ラモーナシリーズ、順番には読めなかったのですが、これが最後に読むラモーナ作品です。

    ラモーナの幼稚園時代です。

    幼稚園の話ですが、学校という名前で置きかえられて出てきますし、字の授業風景もあるので、日本の幼稚園というよりはプレスクールの意味合いが強いのかなと思いました。

    また、五歳のラモーナとハーウィが子ども同士で学校へ行くようになるのも、当時は珍しいことではなかったのか?今の日本の事情から考えるとあり得ないことで、文化や時代背景の違いを感じました。

    ラモーナ、やはり小学生時代のエピソードより幼稚園までのエピソードの方が楽しいものが多いように思いました。

    小学生以後は受け止め方も深刻になってくるし、またやることも変わってくることもあって。

    「ラモーナの婚約指輪」という章にはヘンリーくんも出てきて、ラモーナの動向に振り回されてしまうヘンリーくんが気の毒でもありながら、息子とクスッと笑ってしまいました。

    ラモーナ、本当に感受性が豊かだし空想力も豊かだと思います。

    ラモーナが「やぎのがらがらどん」になって歩くところなどはそう感じました。

    ラモーナシリーズに出てくる同級生のスーザン、ラモーナからすると合わない女の子なのですが、どうしてずっと合わないのか?この本を読んでよくわかりました。

    また、ラモーナが茶色の長靴を嫌うわけも、これを読んでよくわかりました。

    茶色の長靴のことは「ゆうかんな女の子ラモーナ」にも出てるので、そこでどうしてそこまで茶色の長靴を嫌うのかよくわからなかったので。

    ラモーナシリーズ、どれもラモーナの心情がうまく描けていて、親が読んでも参考になるのではないかと思います。

    毎日の読み聞かせにも向く本だと思います。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



自動販売機のボタンを押して、何がでるかはお楽しみ♪

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット