雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ポチポチのきかんしゃ」 みんなの声

ポチポチのきかんしゃ 作・絵:井川 ゆり子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784894235885
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,149
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 夢なのか?

    機関車がすきな息子に借りてきました。

    ポチポチ号での出来事は・・・
    さて夢なのか?本当なのか?

    一人旅する子供の気持ちを暖かく
    見守るポチポチ君
    助けてくれるくまさんやまわりの動物

    楽しい電車の旅
    自信になる出来事だと応援したくなりました。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもいいお話。

    子どもならではの経験かもしれません。

    不思議体験というか、何と言うか・・。

    ホントにおき得るかも感じるお話でした。

    絵は外国の絵本のようなタッチです。

    それがまたいいです。

    主人公のぼくの気持ちが手にとるように分かります。

    車掌さんもかわいい犬です。

    シリーズであるポチポチ。

    他もよんでみたいです。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4歳の娘、真剣です

    おばあちゃんのところまで電車で向かう男の子。
    ホームで待っているとなんとやってきた電車は
    ポチポチ号という動物のお客さんがたくさん乗った蒸気機関車だった!
    心細かった電車の旅も
    いつしかほかのお客さんとお弁当を交換し合うような
    楽しい旅にかわります。
    このシリーズの魅力は、ページにぎっしり描かれた動物たちの様子。
    そして最後は動物の世界は消えて、人間の世界に戻るのですが、
    人間の中に動物たちの面影を感じられるところ。
    4歳の娘は、人間の中にちょっとだけ感じられる
    さっきまでの動物の世界の面影を探すのに、真剣です。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジュースをかぶったクマさん

    うちでは、ポチポチくんシリーズは、すっかりお馴染み。

    初めての電車で、不安&緊張の男の子。
    しかも、向かいの席は、怖そうなクマさん!!
    失敗が続いて喉が渇き、車内販売のジュースを飲もうと
    蓋をひっぱるけど・・・。
    勢いあまって、中身をクマさんにぶちまけちゃた!!
    張り詰めていた緊張も一緒にはじけて、男の子は大泣き。

    見ているだけで、ハラハラ・ドキドキ☆
    ポチポチくんシリーズは、とにかく絵がスゴイです☆☆
    細かい部分まで見るのが、毎回楽しみ♪
    そして、出てくるどうぶつ達はみんな優しいです!!

    掲載日:2010/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポチポチくんシリーズ

    ポチポチくんシリーズ 今度は機関車!

    もう 絵がかわいい〜

    今回のポチポチくんは、車掌さん
    ちょぴり 忙しそうだけど ちゃんと助けに来てくれる。

    子供に 勇気をくれる 大好きな絵本です。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 異空間の旅

    • りくろーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、男の子6歳

    8歳の男の子が、読みたいと言うので手にしました。
    大人の私には、ちょっとワザとらしい感じのストーリーだと思いましたが、子供はとても気に入ったようで、続編も読みたいと催促されたくらいです。
    きっと私がわざとらしいと感じた部分が、子供にとっては大冒険なんですね。
    ちょっとした日常の中で、異空間に入り込む、そんな体験の出来る本だと思います。

    掲載日:2010/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 汽車にのっているんだよね?

    2歳5ヶ月の息子に読んでやりました。汽車が好きなので、この本をと思いました。最初は絵がとてもどぎつく見え、どうしようと思ったのですが、ストーリー自体は主人公がおばあちゃんちに行くのに電車?汽車?にのったときのお話。お弁当のおかずを交換したり、と車内の様子も2歳でも十分理解できるストーリーだからか、とても気に入っていました。私も何度も読んでやりましたが、本人もひとりで何度も読んでいました。

    これは大人じゃないとわかりにくいかもしれませんが、この「汽車」というのはどうも夢か魔法の世界のお話で、実際には「電車」に乗っていたみたいです。その証拠に、車内のお客さんがすべて動物ですが、それぞれの持ち物や特徴を一番最後のおばあちゃんと再開したときのページと比べると、実は「電車」に乗ってやってきていることがわかるというからくりです。真向かいに座っていたクマさんはホームに下りた大柄の人、などです。結構細かい細工が施されています。

    こういうしかけまで理解できるのはもう少し時間がかかりそうですが、そうでなくても「おもしろい」とひきつけられる要素はたくさんあるみたいですよ。

    掲載日:2010/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人で!

    一人でおばあちゃんちに行く僕。不安な気持ちもいっぱいあるけれど、

    動物たちと仲良くなっていく過程にドキドキします。

    僕がくまさんを誤解していただけで、くまさんはとっても優しかった。

    「くまさん、ごめんなさい、ごめんなさい」と謝った僕は立派でした。

    きっと、くまさんは、僕に謝ってもらって嬉しかったから許してくれた

    んだろうし、お友達になりたかったのもあったんだろうと思いました。

    僕のお弁当がとても美味しそうで食べたくなりました。

    絵がとっても素敵です!

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとりでおでかけできるかな♪

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子2歳

    犬のポチポチ君のシリーズです。
    レストランのも読んだけれど、こっちの方が
    子供たちにもウケました。

    今回はおばあちゃんのところへ電車に乗って
    おでかけするぼくの、小さなたびをお手伝いします。

    一人で、それも電車に乗ってというのは
    もうドキドキしないのが嘘です。

    ひとりで大丈夫だよ!ってことで、
    お母さんはホームにも付いてきてません。
    降りる駅にはおばあちゃんが迎えに来ているので、
    電車に乗るところから、降りるまでは一人。

    ウチの兄ちゃんだったら??
    たぶん、無理かなぁ。
    大丈夫って言っても、なかなか「じゃ、いっといで!」って
    送り出せそうにないです。

    そんな不安は、ポチポチ君におまかせ!
    もう、乗る電車から「きかんしゃ ポチポチ号」に。
    お客さんはみんな「どうぶつ」に変身!

    トイレや隣のお客さんなど、「あるある!」という
    不安やドキドキがちゃんとあるけど
    それを見た目は怖いけど、優しいクマさんが
    とっても親切にしてくれて楽しい旅に変わります。

    ホームに下りるところにもひと工夫。

    兄ちゃんは「お話」に、弟は「きかんしゃ」と「どうぶつ」に
    大喜びでした。

    掲載日:2009/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢のあるお話

    息子の誕生日に購入した絵本です。
    ポチポチシリーズはどれも素敵なのですが、乗り物が大好きな息子のためにこちらの作品を選びました。
    男の子がひとりで旅をする。
    息子はキラキラ目を輝かせながら聞いていました。
    美味しそうなお弁当のページではさらに目がキラキラに(笑)
    最後、夢のあるラストでよかったです。
    井川さんの絵、やっぱり大好きです。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット