たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

岩波少年文庫 ドリトル先生物語12 ドリトル先生と緑のカナリア」 みんなの声

岩波少年文庫 ドリトル先生物語12 ドリトル先生と緑のカナリア 作・絵:ヒュー・ロフティング
訳:井伏 鱒二
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:2000年
ISBN:9784001140323
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ピピネラの数奇な運命

    『ドリトル先生のキャラバン』にも登場するカナリアのピピネラの数奇な運命をたどる物語です。

    正に生々流転の運命で、これほどまでに飼い主によって、運命が様変わりするカナリアはピピネラぐらいなものでしょう。

    中でも引きつけられるエピソードは、ピピネラが一番のお気に入りの飼い主であった窓ふき屋の人生です。

    この窓ふき屋の人生もまた生々流転だと思いました。

    ドリトル先生も続けて読んでくると、時代の流れなのでしょうか。

    戦争の影、政府のことなど、執筆背景にあったものがおぼろげながら浮かび上がってくる気がしました。

    このシリーズも残すところ後一冊となりました。

    息子の意見では、今度は少年文庫ではなくハードカバーの方を一巻から読み聞かせし直してほしいということです。

    動物学者というと息子の中ではドリトル先生。

    私が転びそうになった時には

    「お母さんの今の格好は、ドリトル先生と窓ふき屋(ステファン)がドアにがーんとぶつかるところみたいだった」

    と、生活の中でもドリトル先生がらみのことがよく出てきます。

    これは、同じ作品を一緒に読んできたならではの親子の会話のように思えます。

    私にとっても息子にとってもこのシリーズは忘れられないシリーズとなりそうです。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット