しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

こそあどの森の物語(3) 森のなかの海賊船」 みんなの声

こそあどの森の物語(3) 森のなかの海賊船 作・絵:岡田 淳
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1995年
ISBN:9784652006139
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,385
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 魔術師フラフラの宝

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    こそあどの森シリーズの中でも大好きな作品です。
    何度も読みたい…ですが切ない物語。大人が読んでも良い作品だと思います。
    残虐な海賊と言われたフラフラの残した宝とは…?
    一途に一人の女性を愛したフラフラの真実の物語。
    読んでしまうと彼を海賊とは呼べません。
    魔術師フラフラの魔術に私も魅せられました。
    このお話もそうですが、このシリーズは余韻が残るものが多いですね。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こそあどの森に住んでみたい!

    • どるみさん
    • 20代
    • その他の方
    • 埼玉県

     本が大好きな男の子のスキッパーをはじめ、おしゃべりで気分屋のふたご、仲の良いポットさんとトマトさん夫婦などなど。こそあどの森の楽しい住人たちと毎回起こる不思議な事件の物語のシリーズ3作目です。
     この登場人物が、誰を主人公にしても物語が作れちゃう!というほど個性豊かなのです。そして岡田先生の話はどれもそうなのですが、お話のからくりがとてもよく考えられていて最後まで楽しめます。
     読み始めると止まらなくなり、長編の児童書を読み始めるきっかけになった私の思い出の本です。
     こそあどの森シリーズはどれもほのぼのしていて読み終わった後の余韻がとてもよいのですが、中でもこの作品は他のシリーズと比べて少しロマンチックな物語になっており、小さい子だけでなく大人の人にもおススメしたい大好きな作品です。

     毎回細かな設定が描かれた挿絵も素敵で、本当にこんな森があったら絶対住んでみたい!と思ってしまいますよ。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


大声で泣いたことのあるすべての子どもと大人に贈る物語

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット