ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。

はしれ!マンモス・ゴン」 みんなの声

はしれ!マンモス・ゴン 作・絵:黒川光広
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年
ISBN:9784494011841
評価スコア 4
評価ランキング 23,041
みんなの声 総数 1
「はしれ!マンモス・ゴン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • マンモスのぼうけん・シリーズ

    息子の大好きな黒川光広さんの絵本です。

    原始時代に生息していたマンモスの群れのお話です。
    子供のマンモス、ゴンも出てきます。マンモス親子の会話の中で、
    人間のことを”ライオンよりももっと恐ろしいもの”と表現していたり、
    オスのマンモスは大きくなると群れを出て1頭だけで暮らすという
    説明が出てきたりして、大昔の生き物が大好きな息子は、「そうなんだあ」
    と感心しながら聞き入っていました。

    話の中盤、群れのマンモスがライオンに襲われピンチを迎えたりとドキドキする
    場面も見られ、ストーリー的にも盛り上がりがあって良かったと思います。
    黒川さんの絵本は、後半の数ページがいつも絵が満載の解説付きなので、
    登場した生き物たちのことをさらに詳しく知ることが出来、今回も
    マンモスのことや、ホラアナライオンのことがよくわかる内容になっていました。
    絵本を読みながらいろんな情報が得られるのはすごく良いですよね。

    「マンモスのぼうけん・シリーズ」の絵本になっているようです。
    是非シリーズで読んでみたいと思いました。

    掲載日:2008/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット