十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ときときとき」 みんなの声

ときときとき 作:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年
ISBN:9784338180108
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「ときときとき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今日は、誰と遊ぶ?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    読んでて、この感じ、いいな〜と思いました。

    ねこ(動物)やにんじん(植物)、風や山(自然)!

    普通に会話する姿が、たまらなく羨ましい。

    子どものさりげない遊びの中に、
    誰とでも友達になれて、
    かおるは、とっても幸せそう。

    短いおはなしが、6話収められています。
    その中の「とき とき とき」は、心臓の音。
    濁点がないだけで、とても可愛く聞こえてきます。
    また、ひらがなだから優しい感じ。
    ねこや子どもの心臓の音って、こんな感じに聞こえるのかな。

    「めがでたよ」では、土から出た芽たちがおしゃべりします。
    可愛いですよ。

    「がんばれ がんばれ」では、山が話しかけてきます。
    ちょっとびっくりしました。


    娘も気に入ったようで、読み終わると、拍手くれました。

    掲載日:2010/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 育つって、いっぱい遊ぶこと

    かおるという男の子と自然が書かれているだけです。
    でも背景で感じる満たされた家庭、すくすくと自然の中で考えたり動いたり、自由に過ごす日々の短編数話を一冊に。

    子どもはこうあるべき、こうあって欲しいと願うきらめくようなかおるの生活。
    でもそれは大人の意見で、子どもは今も昔も中身は変わらないんだよ。こんなことやりたいって、いっぱい持っているんだよ。
    そんなメッセージを感じるお話に、自然と子どもを温かく見つめる挿絵がとっても素敵です。

    娘もすぐかおるとなって、お話の世界に堕ちました。
    動物だけでなく、山や川まで喋るところがおもしろいそうです。ブランコの練習シーンでは、自分の覚えたことをかおるにレクチャーしていました。

    掲載日:2008/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット