イースターハッピーふっかつの日! イースターハッピーふっかつの日!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
大人気行事絵本最新刊! これ一冊で“イースター”の全てが分かる!!

かようびのよる」 みんなの声

かようびのよる 作・絵:デヴィッド・ウィーズナー
訳:当麻 ゆか
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年05月
ISBN:9784198611910
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,163
みんなの声 総数 98
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

98件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ありえない!でも、もしかして・・・?

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    文字は殆どありませんが、絵の迫力が素晴らしく、本当に映画を見ているようでした。
    しかも、3D?!
    今にも蛙がこちらに飛び込んでくるような、
    蛙を乗せた睡蓮の葉UFO?が、風を切る音が聞こえてくるような
    そんな気がしてしまうのです。

    息子へ読み聞かせるとき、どう読んだらいいか迷いましたが、
    ちょっと効果音を入れつつ、絵をよく見てもらえるよう、ゆっくりページをめくりました。
    初めは戸惑っていた様子の息子でしたが、
    蛙が洗濯物に突っ込んだあたりで笑いだし
    犬への逆襲をかける頃には、手を叩いて喜んでいました。
    ありえない!でも、もしかして・・・?
    ハラハラし通しの「かようびのよる」の騒動、ラストのオチが最高でした。

    リアルでいて、人間味たっぷりの蛙達が
    愛嬌があって可愛いような、やっぱりちょっと気持ち悪いような・・・。
    絵の好き嫌いはあると思いますが、他の作品とはひと味もふた味も違う異色作。
    お子さんから大人の方まで、ぜひご一読ください!

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 遭遇したいような、したくないような…

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子17歳、女の子15歳、女の子13歳

    おもしろい!実におもしろい!!

    「ある火曜日に アメリカの とあるまちで じっさいに
     おこったこと」
    なんだそうです。

    かえるさんたちの大冒険です。
    蓮の葉の上に乗り、からすや犬、人間をからかいながら空を飛ぶ。
    その表情は茶目っ気たっぷりで、見ていて思わずにんまり。

    全編ほぼ絵のみですが、それはそれは写実的で気持ち悪いほど、
    ウツクシイ(?!)
    表紙の絵が幻想的で素敵だったから、手にとってみましたが、
    うれしくも、その第一印象を見事に裏切られましたね。
    でも、よくよく見れば、あぁなるほど…

    小さなお子さんから大人まで絶対に受けること間違いなし。
    ただし、かえる嫌いのお子様はうなされないように注意してください。

    掲載日:2008/10/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 字なんていらない

    初めてページを開いた時から、はまってしまいました。
    文字のない絵本。でも、頭の中で言葉が次々に沸いてくる。
    それも「うわ〜お!」とか「やっほ〜っ!!」「うっ!?」「よし、いくぞ〜!」「急げ」「フムフム」なんていうボキャブラリーなさすぎと思える言葉ばかり。
    火曜日の夜、空に飛び立つカエルたちの姿がとにかく楽しい。最後のページがまた最高!このお話はきっとエンドレス。
    文字を追って絵本を読むのは大人だから?子どもはきっと絵からの発見を楽しんでいるんだと実感できる絵本です。

    掲載日:2006/09/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい

    コルデコット賞受賞作品、しかも2回にわたり受賞している作家の絵本とあって

    興味深く手に取りました。

    文字がない絵本です。絵本の醍醐味をこれでもかと感じさせてくれる稀有な作品だと
    思います。

    圧倒的な画力と展開に思わず引き込まれてのめりこんで見てしまいました。

    大変力を持った作家がアメリカにはいるのだなあとうならされました。

    掲載日:2017/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • え〜っ?!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    10歳の息子と読みました。

    元々5歳の娘と読むつもりだった絵本。
    娘のくいつきが悪く、
    逆に立候補してきた息子と読んだのですが、
    10歳と読んで正解の絵本。

    文字がほとんどない=乳幼児向け にならないのが
    この絵本。
    実際にあったお話です。の前置きから、
    絶対ありえないでしょ‼という世界が繰り広げられ、
    や〜絶対ないよね!と言いながらよんでいると、
    やたらとリアルな警察の実況見聞。

    も、もしかして…? と思い冷や汗が出る瞬間です。

    次の火曜日の場面で、「やっぱり、ないな。」とは思うのですが、
    結局100%フィクションである確信も持てない。
    絶対ないな‼と思いつつも、
    絵本の中では「うっそで〜す!」と言い切ってくれないので、
    もしかしてもしかして、と思ってしまう。
    最後まで謎が解けず、結論は読者にお任せ!的なところが、
    なかなか面白い絵本です。

    掲載日:2016/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 字の少ない、魅せる絵本

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    コールデコット賞、絵本にっぽん賞特別賞受賞など、
    日米両国で高い評価を受けた傑作絵本。

    お薦めされていたので、図書館で借りて「かようびのよる」に読んでみました。
    眠りにつく前の表紙と同じ9時前の火曜日の夜。
    さあ、どんなお話かと思ったら・・・
    リアルなカエルたちがどんどん出てきて、
    4歳児にわかるかなと内心不安になりながら読みましたが、
    犬への反撃に出たところらへんから
    キャラキャラ笑いながら聞くように。

    字も多くなく、本当に魅せる絵本です。
    親子でじっくり絵を見て楽しみました。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえないけど、事実なの?

    これは面白い!
    息子もとても楽しんでいました。
    文字はほとんどなく絵で楽しみます。文字なんて必要なくて、絵がリアルで本当のことのよう。
    カエルもイキイキして楽しそうだったり表情豊か。
    繰り返し何度見ても面白いです。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエルがリアル

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    火曜日の夜8時頃、たくさんのカエルたちが蓮の葉にのって…。
    ある火曜日にアメリカのとあるまちで実際におこったこと?
    カエルがリアルでカエルが苦手なのでちょっと驚きましたが面白かったです。
    字は少ないのですが、絵に力がありますねー。

    掲載日:2015/08/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • こまった絵本

    一度読んだら、忘れられない絵本です。火曜日の夜、ときけば、この絵本を思い出してしまうほど。とにかく、衝撃的な絵本です。
    まず、デヴィッド・ウィーズナーの絵がすばらしいです。リアルに細かく描かれています。そのためか、かえるが飛ぶところなど、本当に動いている感じをうけます。大きなかえるが苦手な私は、思わず、本を少し離してしまうほど(笑) しかし、かえるが苦手でも、この絵本は読むことをやめられません。なぞときのドラマを途中で、やめられないのと同じです。
    そして、読み終わって、やっぱりなぞは残ります。次につながる、ひきつけられるラストに、また、最初っから読みなおしてしまう。
    つまり、私にとって、かえるは嫌いでも、手元においておきたいこまった絵本なんです。

    掲載日:2015/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • はまります♪

    • あみむさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子14歳

    デビッド・ウィーズナーさんの「漂流物」も
    とっても心に残る、大好きな絵本ですが、
    こちらもものすごい絵本です。
    漂流物もこのかようびのよるも、どちらも
    文字でお話がかかれていないのに、
    頭の中にお話が浮かんできます。

    冒頭のページから、かえるの表情にやられました!!
    ウキウキわくわくしている子と、
    悟ったような子(笑)。ドジな子。
    性格や考えていることがわかって、とってもおもしろい!
    そして次の火曜日は…読んだ後も会話がいっぱい
    広がりそう♪

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

98件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


おいしい冒険のはじまり、はじまり〜!!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット